2015.11.23

劇的ゴールで優勝に導いた山口主将・平林「まだ冷静に振り返れない」

平林輝良寛
シャーレを掲げる山口MF平林輝良寛(中央) [写真]=瀬口陽介
サッカー総合情報サイト

 明治安田生命J3リーグ最終節が23日に行われ、レノファ山口FCが優勝とJ2昇格を果たした。試合後、キャプテンの平林輝良寛が取材に応じ、喜びを語っている。

 2位のFC町田ゼルビアと勝ち点で並ぶものの得失点差で大きく上回る山口は、勝てば優勝という状況でガイナーレ鳥取と対戦。開始早々に先制点を奪われると、62分にFW岸田和人のゴールで追いついたが、10分後に再び勝ち越されてしまう。それでも96分、途中出場の平林が劇的な同点ゴールを決め、試合は2-2で終了。同時刻に行われた試合で町田が引き分けに終わったため、山口のJ3制覇が決まった。

 91分から出場し、5分後に値千金のゴールを挙げた平林は、「今は嬉しい気持ちしかないです。何が何でも1点取らないといけない状況だったので、残り時間も少ない中、ボールが来たら絶対にシュートを打とうと思っていました。本当に気持ちを込めて打ったシュートでした。相手に2回ほど当たって入ったゴールだということも見えていました。(入った後に)サポーターのところへ喜びに行こうかベンチに行こうか迷って、ちょっと中途半端な感じになってしまいましたけど(笑)。それくらいうれしかったです」とゴールシーンを振り返り、改めて喜びを口にした。

 地域リーグの頃からチームを牽引し、今では最年長となった平林。「若い選手も伸び伸びと上の選手をいじりながら気持ちよくやれていると思いますし、第3クールは少し苦戦しましたが、それでも本当に1年間いい流れでできたと思います」と1年を振り返ると、Jリーグ参戦1年目での快挙達成について、信じられないといった様子で語った。

「つい数年前は地域リーグという日の目に当たらないカテゴリーでプレーしていました。本当に、こんなにトントン拍子にここまで来れると思ってもいませんでしたし、まだ今日のゴールの喜びとこれまでのことを冷静に振り返れないんですけど、本当に3年前に起きていたことと全く違う世界になろうとしているところで、まだちょっと実感がわきません。これからオフシーズンに、しっかりと鍛えたいと思います」

 そして、キャプテンとして掲げたシャーレ(優勝皿)の重みを聞かれると、「1年間、本当に仲間と力を合わせて、そして山口にたくさん僕らを応援してくれるサポーターの方がいて、本当にその人たちのおかげで首位を走ってこれましたし、力になりました。最高の形で、一番いい結果を出して、その思いに応えられたことがうれしいです。シャーレを持つと、裏に自分の顔が映るんですけど、いい顔しているなと思います(笑)」と述べ、サポーターに感謝を伝えている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
山口
38pt
大分
37pt
町田
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
27pt
沼津
24pt
鳥取
24pt
Jリーグ順位をもっと見る