2015.11.22

G大阪が逆転でチャンピオンシップ出場決定…5分間で怒涛の4発大勝

G大阪
逆転でチャンピオンシップ出場を決めたG大阪 [写真]=白井誠二
サッカー総合情報サイト

 2015明治安田生命J1リーグセカンドステージ最終節が22日に行われ、ガンバ大阪とモンテディオ山形が対戦した。

 現在、年間順位で4位につけるG大阪は、前節のサンフレッチェ広島戦を0-2で落とし、Jリーグチャンピオンシップ(CS)出場権を争う同3位FC東京に順位を逆転されてしまった。わずかに残されたJリーグ連覇に向けて、最終節は勝利が絶対条件。さらにFC東京が引き分け以下に終わる必要がある。まずは目の前の山形に勝つことが先決だ。一方、1年でのJ2降格が決まった山形は、来季に向けて明るいシーズンの最後にしたいところだ。

 試合は序盤から山形がセットプレーでチャンスを作る。10分、エリア手前左やや距離がある位置でFKを獲得すると、宮阪政樹が直接シュートを放ったが、ここはGK東口順昭がなんとか防いだ。さらに15分、左サイドでFKを獲得すると、宮阪のクロスから林陵平がヘディングシュート。しかし、ここは惜しくも枠の右に外れてしまった。

 34分、G大阪が決定機を迎える。左サイドを突破した宇佐美貴史が低く鋭いクロスを入れると、ニアに走りこんだ倉田秋がダイレクトで合わせたが、ここはゴール左に外れてしまった。前半はこのまま0-0で終了する。

 後半立ち上がりの48分、G大阪が右CKを獲得すると、遠藤保仁が低いボールをエリア手前に入れる。宇佐美が走りこんでダイレクトシュートを狙ったが、ここは相手のブロックにあってしまった。

 55分、G大阪は倉田とオ・ジェソクを下げ、長沢駿と米倉恒貴を投入した。すると61分、宇佐美が上げたクロスをGK山岸範宏が弾き、こぼれ球を大森晃太郎がシュート。これがゴール左に決まり、G大阪が先制に成功する。直後の63分、最終ラインの裏に抜けだした宇佐美がグラウンダーのクロスを入れると、大森が押し込み追加点。さらに64分、宇佐美のクロスから長沢がダイビングヘッドを決めて3点差とする。

 G大阪の猛攻は終わらない。66分、遠藤の右CKから米倉がヘディングシュート。これが決まり、G大阪が5分間で4ゴールを奪った。

 その後もG大阪が攻勢を続けたが追加点を奪うことはできず、4-0でG大阪が山形を下した。同日行われたFC東京対サガン鳥栖の試合がスコアレスドローに終わったため、FC東京とG大阪の年間順位が逆転し、G大阪がJリーグチャンピオンシップ出場権を獲得した。

 G大阪は28日にさいたまスタジアムで行われるJリーグチャンピオンシップ準決勝でファーストステージ王者の浦和レッズと対戦する。

【スコア】
ガンバ大阪 4-0 モンテディオ山形

【得点者】
1-0 61分 大森晃太郎(ガンバ大阪)
2-0 63分 大森晃太郎(ガンバ大阪)
3-0 64分 長沢駿(ガンバ大阪)
4-0 66分 米倉恒貴(ガンバ大阪)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
40pt
山口
39pt
町田
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
28pt
琉球
25pt
沼津
24pt
Jリーグ順位をもっと見る