FOLLOW US

首位・山口が3戦ぶり白星で首位キープ…2位町田は痛恨ドロ―/J3第37節

 2015明治安田生命J3リーグ第37節が8日に各地で行われた。

 首位のレノファ山口FCは、敵地で11位のグルージャ盛岡と対戦した。山口は開始8分にオウンゴールで先制すると、18分に宮城雅史が追加点を奪取。後半に入っても流れは変わらず、71分に岸田和人がチーム3点目を決めた。76分に1点を返されたが、82分に代健司が再び3点差とするゴールを決め、山口が4-1で盛岡を下した。山口にとっては3試合ぶりの勝利となった。

 前節、首位の山口に勝ち点で並んだFC町田ゼルビアは、敵地でガイナーレ鳥取と対戦した。町田は前半アディショナルタイム1分にオウンゴールで先制点を許すと、そのまま試合終盤まで得点を奪えない状況が続く。89分に鈴木崇文がゴールを奪い、ようやく同点に追いついたが、勝ち越しゴールを決めることはできず、1-1の引き分けに終わった。この結果、再び山口との勝点差が2に開いてしまった。

 その他、J3第37節の結果は以下のとおり。

■J3第37節結果
グルージャ盛岡 1-4 レノファ山口FC
福島ユナイテッドFC 3-0 Jリーグ・アンダー22選抜
AC長野パルセイロ 5-1  Y.S.C.C.横浜
藤枝MYFC 3-1 ブラウブリッツ秋田
ガイナーレ鳥取 1-1 FC町田ゼルビア
FC琉球 4-6 SC相模原

■J3第37節順位表
1位 レノファ山口FC(勝ち点76/得失点差60)
2位 FC町田ゼルビア(勝ち点74/得失点差32)
3位 AC長野パルセイロ(勝ち点69/得失点差20)
4位 SC相模原(勝ち点54/得失点差6)
5位 カターレ富山(勝ち点48/得失点差0)
6位 福島ユナイテッドFC(勝ち点48/得失点差-4)
7位 ガイナーレ鳥取(勝ち点46/得失点差4)
8位 ブラウブリッツ秋田(勝ち点44/得失点差-1)
9位 FC琉球(勝ち点43/得失点差-6)
10位 藤枝MYFC(勝ち点37/得失点差-23)
11位 グルージャ盛岡(勝ち点32/得失点差-12)
12位 Jリーグ・アンダー22選抜(勝ち点27/得失点差-43)
13位 Y.S.C.C.横浜(勝ち点24/得失点差-33)

■J3第38節(11月15日開催)
YS横浜 vs鳥取 ※13日
山口 vs J-22 ※14日
福島 vs 琉球
相模原 vs 長野
富山 vs 盛岡
町田 vs 秋田



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO