2015.10.25

G大阪が年間3位浮上…宇佐美不発も倉田の2ゴールなどで仙台に快勝

サッカー総合情報サイト

 2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第15節の残り1試合が25日に行われ、ベガルタ仙台ガンバ大阪が対戦した。



 仙台は、24日に行われた試合で松本山雅FCが敗れたことでJ1残留が決定。この試合はホーム最終戦となるため、勝利で締めくくりたいところだ。対するG大阪はチャンピオンシップ進出となる年間3位浮上に向けて、またAFCチャンピオンズリーグで決勝進出を逃した悔しさを晴らすためにも、白星がほしい。前節終了時に勝ち点差2となっていた3位のFC東京が前日に敗れたため、この試合に勝てば順位が入れ替わる。先発に名を連ねたG大阪のGK東口順昭がJ1通算150試合、DF藤春廣輝が同100試合出場を達成している。

 開始5分、G大阪は中央でボールを持った倉田秋がドリブルでエリア内右に侵入し右足でシュートを放ったが、わずかにゴール左に外れた。対する仙台も15分、前線で細かくパスを繋ぎ、最後は梁勇基がエリア外から右足で狙ったが、シュートは左ポストを叩き、得点には至らない。

 試合が動いたのは21分。前線で浮き球のパスを受けたG大阪のパトリックがヘディングで宇佐美貴史に預けると、宇佐美はヒールでリターンパスを送る。これを受けたパトリックがゴール正面から右足で低い弾道のミドルシュートを叩き込んだ。しかしホームの仙台もセットプレーから試合を振り出しに戻す。34分、梁勇基が蹴った右CKにハモン・ロペスが頭で合わせ、同点ゴールを奪った。

 追いつかれたG大阪だったが失点直後の36分、高く上がったルーズボールを阿部浩之がヘディングで前線の倉田に送ると、このパスでうまくディフェンスラインの裏を取った倉田が右足でシュート。これがゴール右隅に決まり、すぐさま勝ち越しに成功した。試合はこのままG大阪のリードで前半を折り返す。

 後半に入って62分、G大阪が大きな追加点を奪う。宇佐美とパトリックのコンビで左サイドを崩すと、宇佐美がエリア内左からマイナスのクロスを供給。このボールはDFにカットされたが、こぼれ球を拾った倉田が左足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。

 G大阪は81分、倉田、遠藤保仁と繋いで最後はゴール前でフリーとなった宇佐美にラストパスが渡る。宇佐美はこのパスに右足インサイドで丁寧に合わせたが、シュートはクロスバーをかすめて枠の上に外れてしまった。試合はこのまま3-1で終了。仙台はホーム最終戦を勝利で飾ることはできず、一方勝ったG大阪は年間順位でFC東京を抜き、チャンピオンシップ進出となる3位に浮上した。

 次節は11月7日に行われ、仙台は敵地でサガン鳥栖と、G大阪はホームでサンフレッチェ広島と対戦する。

【スコア】
ベガルタ仙台 1-3 ガンバ大阪

【得点者】
0-1 21分 パトリックガンバ大阪
1-1 34分 ハモン・ロペスベガルタ仙台
1-2 36分 倉田秋ガンバ大阪
1-3 62分 倉田秋ガンバ大阪

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る