FOLLOW US

大久保、抗がん剤治療と闘う妻を思い「14年ぶりに坊主にしました」

川崎フロンターレでプレーする大久保嘉人 [写真]=Getty Images

 川崎フロンターレに所属するFW大久保嘉人が11日、自身のインスタグラムに写真を投稿し、14年ぶりの坊主頭を披露した。そして、「妻が、抗ガン剤の副作用で髪が抜けるかもしれないと聞き、不安を少しでも和らげられたらと思い、子ども達と相談して坊主にしてみました」と理由を説明している。

 投稿された写真には、大久保と同じく坊主頭になった3人の息子が笑顔で写っている。そして大久保は、「14年ぶりに坊主にしました。息子たちとともに。国見(高校)時代の自分を思い出してくれる人もいるのでは? これから寒くなってくるだろうにみんなで坊主にしたわけがあります」

「今年の夏、妻が流産してしまい、胞状奇胎だったということがわかりました。手術もしましたが、術後の経過が順調じゃなく入院しての治療が必要になりました。奇胎後hCG存続症というみたいですが、この病気には抗ガン剤治療が必要みたいです」と、妻の病気を明かした。

 続けて、「仮に副作用が軽く済んで、元々髪の多い妻が脱毛を気にしないで済むかもしれないけど、我が家のやんちゃ坊主の笑顔がとってもよく見えるし、何よりサッパリしましたー! みんなで乗り越えて冬にはもっと笑顔でいたいとおもいます!」と前向きな言葉をつづり、家族みんなで乗り越えていく意思を示している。



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO