FOLLOW US

【予想スタメン】リーグ戦6戦負けなしと好調の横浜FM、相性の良い湘南戦はゴールラッシュにも期待が懸かる

湘南戦5試合で3得点を挙げている齋藤学(左) [写真]=Getty Images

湘南ベルマーレ セットプレーを与えないことが一番のポイント

 互いに激しくせめぎ合った前節の仙台戦、湘南は前半のうちにPKで先制を許した。失点後は相手にゲームを主導されるも粘り強く対峙し、後半開始早々にセットプレーから藤田祥史の2試合連続弾で同点に追いつく。その後も攻勢を続けたが、2点目を奪うには至らず、1-1で勝ち点1を分け合った。

 ここ5試合は相手に先制されており、中でも前節の仙台戦と前々節の松本戦はセットプレー絡みで失点している。試合の入りは悪くなく、高い集中力も感じさせているだけに、セットプレーを与えないことを含めて注意したい。中村俊輔を擁する横浜FMとの今節の対戦に照らせば、その意味はより増そう。

 1stステージの横浜FM戦では、相手の淀みないパスワークから序盤に失点し、終盤にもカウンターで追加点を奪われ、0-3で敗れた。攻勢に出た時間帯もあったが、相手の堅守もあってゴールは奪えず、今季の戦いの中でもっとも自分たちの良さを発揮できなかった試合と言えた。

 それから約5カ月、粘り強さは増し、負けない試合も増えた。先に失点を許している最近は、早くから相手に引かれる展開も多いが、その中でもチャンスは作れており、またここ2試合はセットプレーをゴールにつなげるなど攻撃に広がりを示している。横浜FMとの2年前の対戦で得点を決めるなど、活躍したキリノの復帰も心強い。先制してゲームを主導し、このカードでは1997年以来となる勝ち点3を奪取したい。(隈元大吾)

■湘南予想スタメン
3-4-2-1
GK
秋元陽太
DF
遠藤航
アンドレ・バイア
三竿雄斗
MF
古林将太
菊地俊介
永木亮太
菊池大介
大槻周平
高山薫
FW
藤田祥史

横浜F・マリノス 齋藤、アデミウソンは依然として好調、先発メンバーは入れ替えなし

 前節のFC東京戦は、後半途中出場でデビューした関東学院大学4年生の富樫敬真が、スコアレスドロー目前で値千金の決勝ヘッドを叩き込んだ。現役大学生のヒーローの登場で、横浜FMはリーグ戦6試合負けなし。上位追撃へ勢いがつく、2試合ぶりの勝ち点3だった。

 ボールを保持しても攻めあぐねる時間が多かったその前節だが、相手は守備の堅いFC東京。齋藤学アデミウソンという役者は依然として好調であり、同じ11人の先発メンバーで臨むだろう。何より、今節戦う湘南との過去のリーグ戦は、ベルマーレ平塚時代も含めて10連勝中というデータが心強い。2010年以降の5試合では計16得点を奪っており、中でも相性抜群なのが、プロ初得点やハットトリックを決めている中村俊輔。相手のプレスをうまくかいくぐり、スペースを突く。湘南戦5試合で3得点している齋藤は「しっかり点を取る。ラストの仕事をもっとやっていく」と語るなど、ゴールラッシュも期待できそうだ。

 不安材料があるとすれば、負傷離脱しているラフィーニャの復帰が次節以降となりそうな点か。J3のU-22選抜でプレーした喜田拓也は、中2日での連戦となる。2ndステージ首位の広島とは、残り6試合で勝ち点7差。大逆転優勝へ、横浜FMは勝ち続けるだけだ。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-2-3-1
GK
飯倉大樹
DF
小林祐三
中澤佑二
ファビオ
下平匠
MF
喜田拓也
三門雄大
アデミウソン
中村俊輔
齋藤学
FW
伊藤翔

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO