FOLLOW US

明治安田生命がJリーグチャンピオンシップに特別協賛、根岸社長「応援してきた集大成の大会」

会見に登壇した槙野、根岸社長、村井チェアマン、佐藤美希(右から) [写真]=兼子愼一郎

 14日、Jリーグは2015年11月25日より開催予定の2015Jリーグチャンピオンシップの特別協賛として、明治安田生命保険相互会社が協賛することが決定したと発表した。これに伴い、大会名称が『明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ』となることも併せて発表されている。

 同日行われた記者会見には明治安田生命保険相互会社の代表執行役社長である根岸秋男氏が登壇し、特別協賛決定について「大変光栄に感じています」とコメント。同社は今年度からJリーグのタイトルスポンサーとなり、個別にJリーグに加盟している52クラブともスポンサー契約を締結するなど、積極的な支援活動を行っている。チャンピオンシップについて、「年間チャンピオンを決める大会であり、応援してきた集大成とも言うべき大会でもあり、年間を通して最後まで応援したいという思いから、ご理解もいただき特別協賛する運びとなりました」と、契約締結に至った経緯を説明するとともに、従業員と顧客合わせて延べ9万人がスタジアムに足を運び、Jクラブと協力したサッカー教室で8000人の親子に参加してもらったことを報告。「Jリーグの発展や地域社会の活性化、スポーツを通じての子どもの健全育成に少しでも貢献できたのではないかと思っております」と、今年の活動の手応えを話している。

 また同席した村井満チェアマンは、今年から導入するチャンピオンシップについて、「今年は変革の年と申し上げました。変革の年と言うと聞こえはいいんですけれども、試行錯誤の上でのチャレンジの年であるという認識をしています。今回、新たな大会方式でいろいろな課題があるかもしれません。まだ完成されていないJリーグではありますが、こうしたチャレンジを重ねていく中で、よりよい、サッカーの文化として根付くような国にしてまいりたいと思いますので、改めて皆様のご支援とご協力をお願いできればと思います」と、賛否のあるチャンピオンシップについて、理解を改めて求めている。

 会見では『明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ』のタイトルマークも発表。「選ばれた勇者による、最高の栄誉を懸けた最後の大会」とチャンピオンシップを位置付け、「Jリーグ杯」を天井に掲げる闘技場を再現したデザインとなっている。タイトルマーク上部にはラテン語で「PER ANGUSTA AD AUGUSTA」と文字が入り、「狭きを通り高みへ/苦難を経て栄光へ」を意味し、一年におよぶ長い戦いの道のりの到達点であることを表現していると説明している。



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO