FOLLOW US

【予想スタメン】浦和撃破に弱気は禁物…仙台がJ屈指の“難所”埼玉スタ攻略に挑む

2ndステージは連勝がなく、17位に沈む仙台 [写真]=Getty Images

浦和レッズ 関根の不在と森脇の状態が懸念材料

 前節はホームでの湘南戦を1-0で制し、2ndステージでは初の連勝を飾った浦和。新潟戦同様に内容的には相手に苦しめられる時間帯も多く、どちらが勝っていてもおかしくなかったが、粘り強いプレーで勝ち星を拾う流れは、1stステージでも見られたもの。原点を思い出しながら戦い続け、2ndステージでも調子を上げていきたい。

 ただ、仙台戦では残念なことに関根貴大を出場停止で欠くことになる。2ndステージに入って少し存在感が薄れていた関根だったが、新潟戦、湘南戦では持ち前の突破力を生かして攻撃の起点になっていただけに、欠場は痛い。代役候補が誰なのか気になるところだが、練習では馴染みのない高木俊幸がプレー。また、左サイドには控えが続く橋本和が入り、前線も1トップに興梠慎三、シャドーにズラタン李忠成を置く新たな組み合わせが試されていた。メンバーを固定する指揮官の傾向を考えれば、実戦でそこまで大胆な刷新を行うのかは疑問だが、果たしてサプライズはあるのか。

 一方、練習中に森脇良太が臀部付近を痛める一幕があり、試合への影響が懸念される。(totoONE編集部)

■浦和予想スタメン
3-4-2-1
GK
西川周作
DF
森脇良太
那須大亮
槙野智章
MF
平川忠亮
柏木陽介
阿部勇樹
宇賀神友弥
梅崎司
武藤雄樹
FW
興梠慎三

ベガルタ仙台 渡部とウイルソンの復帰はチームに前向きな力を加える

 2ndステージ最初の連勝を目指した前節鹿島戦で、仙台は2点をリードしながら押し込まれ、3失点を許して逆転負けした。ショッキングな敗戦から立ち直り、再び巻き返しのきっかけをつかみたい。

 仙台にとって、アウェー連戦は非常に厄介なところ。しかも今節の舞台は、J屈指の“難所”である埼玉スタジアムだ。アウェーの雰囲気に飲まれないことが、まずは必要になる。弱気は禁物で、攻守にアグレッシブな姿勢を見せたい。特に守備面では、前節の反省を生かしたいところ。相手にボールを持たれる展開になったとしても、取れるところでは自ら奪いにいき、カウンターにつなげることが理想だ。

 この苦しい時期に、負傷で長く全体練習を離れていた渡部博文とウイルソンの復帰が近づいてきたことはプラス材料。浦和戦での実戦復帰は難しそうだが、彼らがチームに前向きな力を加えてくれるだろう。

 また、守勢の時間帯を凌ぐことができれば、2ndステージ前の中断期間から形になってきた攻撃パターンの増加を生かすことも期待できる。前節も、野沢拓也の高い技術によって2ゴールを挙げたが、そこに至る過程では高い位置でのカットや、相手をずらすフリックが効いた。前々節の松本戦のように、サイド攻撃と中央突破でポジショニングを大きく変えることも試みるようになってきた。前節から約1週間の準備期間を得られることを生かし、浦和を破る策を練りたい。(totoONE編集部)

■仙台予想スタメン
4-4-2
GK
六反勇治
DF
菅井直樹
鎌田次郎
石川直樹
二見宏志
MF
梁勇基
キム・ミンテ
富田晋伍
野沢拓也
FW
金園英学
奥埜博亮

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA