FOLLOW US

スルガ杯敗戦にも前を向く遠藤保仁「アジアチャンピオンを目指す」

リーベル・プレート戦に出場した遠藤保仁 [写真]=兼子愼一郎

 スルガ銀行チャンピオンシップ 2015OSAKAが11日に行われ、ガンバ大阪はリーベル・プレートに0-3で敗れた。

 東アジアカップに参加した日本代表選手を欠く中、フル出場したMF遠藤保仁は試合後、「もちろん勝つことを目指していたので、それを達成できず残念です」と悔しさをみせつつ、「チャンスは作っていたし、あとは精度の問題。それ以外にもミスが多かったですし。今日の結果としては決めきれなかったのと単純なミスが多かった。そこをクリアできれば非常にいい試合になっていたんじゃないかなと思います」と振り返っている。

 また、「先制点は両チームにとって非常に重要だし、それが取れなかったっていうのは大きな影響を与えたと思いますし、エリア内でしぶとく体を寄せたり、ボールに行くということができていれば、あのPKもなかったかなと思います。まあ、いろんな選手がいい経験したと思うので今後のゲームにしっかりつなげていきたいです」とコメント。

 そして、「しっかり気持ちを切り替えて、リーグ戦とACLも始まるんで、アジアのチャンピオン目指して、このままでは終われないので自分たちの力を発揮して、毎試合いいゲームをして勝てるよう、チーム一丸となってやっていきたいと思います」と今後に向けて意気込んだ。

 なお、G大阪は16日に、2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第7節でFC東京と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO