2015.07.29

東アジア杯前に日本代表選手が躍動…柴崎、川又ら6名がゴール/J1・2nd第5節

遠藤航
第5節の柏戦でゴールを決めた日本代表の湘南MF遠藤航 [写真]=Getty Images

 2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第5節が29日に各地で行われた。

 EAFF東アジアカップ2015を4日後に控える中で行われた第5節。同大会の日本代表メンバーに選ばれた選手たちが躍動した。

 日本代表の背番号「7」を背負う鹿島アントラーズのMF柴崎岳は、アウェーでのサガン鳥栖戦で2ゴールを記録。終了間際の87分から3得点を挙げた鹿島の勝利に貢献した。アウェーでモンテディオ山形と対戦した名古屋グランパスは、1点リードで迎えた69分にFW川又堅碁が、代表定着に向けてアピールとなるゴールを獲得。名古屋は終盤にも1点追加し、3-0で勝利を収めている。

 ホームにベガルタ仙台を迎えたFC東京は、代表選手のコンビネーションが光る。太田宏介のクロスから森重真人がヘディングでゴールネットを揺らし、先制点を奪った。その後FC東京は、2点を追加。仙台に1点を返されるも3-1で勝利した。柏レイソルとホームで対戦した湘南ベルマーレは2点リードで迎えた71分、代表初選出となったMF遠藤航がヘディングでダメ押しのゴールを決めて、3-0で快勝している。

 アウェーでの松本山雅FC戦で先発出場した川崎フロンターレのMF谷口彰悟は、1点リードで迎えた25分にFKから得点を獲得。結局このゴールが決勝点となり、川崎は松本の3-1の勝利を収めている。最後に、アウェーでアルビレックス新潟と対戦したガンバ大阪は、DF丹羽大輝がオウンゴールで先制点を献上。だが、代表初招集のDF米倉恒貴が同点弾を決めて試合に戻す。この後、両チーム1点ずつを取り合い、試合は2-2の引き分けで終わった。

■J1 2nd第5節結果
モンテディオ山形 0-3 名古屋グランパス
浦和レッズ 1-1 ヴァンフォーレ甲府
FC東京 3-1 ベガルタ仙台
湘南ベルマーレ 3-0 柏レイソル
松本山雅FC 1-3 川崎フロンターレ
アルビレックス新潟 2-2 ガンバ大阪
ヴィッセル神戸 0-4 サンフレッチェ広島
サガン鳥栖 0-3 鹿島アントラーズ
横浜F・マリノス 1-2 清水エスパルス

■J1 2nd第5節順位表(カッコ内の順位は年間順位)
1位 広島(1位)(勝ち点15/得失点差14)
2位 名古屋(7位)(勝ち点10/得失点差4)
3位 川崎(5位)(勝ち点10/得失点差4)
4位 鹿島(6位)(勝ち点10/得失点差3)
5位 G大阪(4位)(勝ち点9/得失点差1)
6位 柏(10位)(勝ち点9/得失点差-1)
7位 湘南(8位)(勝ち点8/得失点差2) 
8位 神戸(11位)(勝ち点7/得失点差1)
9位 FC東京(3位)(勝ち点7/得失点差1)
10位 新潟(15位)(勝ち点7/得失点差0)
11位 鳥栖(12位)(勝ち点6/得失点差-3)
12位 松本(16位)(勝ち点6/得失点差-6)
13位 甲府(13位)(勝ち点5/得失点差0)
14位 浦和(2位)(勝ち点5/得失点差-1)
15位 清水(17位)(勝ち点5/得失点差-5)
16位 山形(18位)(勝ち点3/得失点差-5) 
17位 横浜FM(9位)(勝ち点2/得失点差-4)
18位 仙台(14位)(勝ち点1/得失点差-5)

■J1 2nd第6節対戦カード(8月12日開催)
仙台 vs 松本
柏 vs 神戸
川崎 vs 山形
甲府 vs FC東京
新潟 vs 浦和
清水 vs 湘南
名古屋 vs 横浜FM
広島 vs 鹿島
鳥栖 1-1 G大阪 ※7月22日開催

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
町田
61pt
松本
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る