2015.07.24

【予想スタメン】長い連敗のトンネルを脱出した松本、リーグ戦連勝で下位脱出を狙う

前節連敗をストップさせた松本 [写真]=Getty Images

ヴァンフォーレ甲府 主将山本の不在が大きな懸念材料に

 松本とは今季、ナビスコ杯を含めて2戦2敗。前節の湘南戦と同じ状況で、3度目の対戦を迎えるわけだが、過去2戦とは互いのチーム状態が大きく異なる。バレーの2発で快勝した湘南戦同様、今年のうちに借りは返しておきたい。だが、主将の山本英臣が脚の付け根の痛みのため、この一戦は欠場が濃厚。抜群の存在感で、攻守に渡ってゲームをコントロールするチームリーダーの不在は、大きな懸念材料だ。
替わってディフェンスラインの中央には、畑尾大翔が起用される見込み。序盤戦はレギュラーを務めながら、チームの低迷に合せるように出場機会を失い、このところ公式戦から遠ざかっていた。当然、期するモノがあるだろう。

「松本はこちらが予期しないタイミングでもロングボールを入れてきて、そこを起点に迫力をもって人数を掛けてくる。いつも(山本)オミさんから言われているように、感覚を研ぎ澄ませて、勢い良くセカンドボールを狙ってくる相手に、受け身にならずに対応したい」

 新戦力の加入で「守備の規律が整理されて、攻撃では2トップでのショートカウンターが成立するようになっている」(佐久間悟監督)松本ではあるが、やはり注意すべきはロングスローを含めたセットプレー。高さのある畑尾の存在が、プラスに働くかもしれない。

 年間順位表を見れば、いつの間にか降格圏16位の山形との勝ち点差が「7」まで広がり、6位横浜FMとは「4」差に迫った。ここでしっかり勝ち点3をモノにすれば、残留争いから次のステップへと戦いの場を移す可能性も見えてくる。(渡辺功)

■甲府予想スタメン
3-4-2-1
GK
河田晃兵
DF
土屋征夫
畑尾大翔
津田琢磨
MF
橋爪勇樹
マルキーニョス・パラナ
下田北斗
阿部翔平
稲垣祥
阿部拓馬
FW
バレー

松本山雅FC 連敗は止めたが、未だ残留争いの渦中

 前節で鹿島を2-0で下し、連敗を「7」で食い止めた松本。序盤のピンチをGK村山智彦の好守で凌ぐと、前半に2点を挙げて逃げ切った。全員が最初から最後までハードワークを怠らず、必死に走り回ってもぎ取った金星。今節も同じ水準のパフォーマンスを発揮できれば、勝ち点3を十分に狙えるだろう。

 対戦する相手は隣県のライバル甲府。1stステージとナビスコ杯ではともに勝ったが、監督交代とバレー加入以降は対戦していないこともあり、楽観視はできない。甲府の強固なブロックに手こずって嫌なボールの失い方をすれば、バレー阿部拓馬を軸とした鋭いカウンターの餌食になることは必定。オビナを活かしたバイタルエリアの攻略、または岩上祐三岩間雄大らのミドルシュートでこじ開けられるかが、攻撃面での焦点だ。同程度に重要な攻撃時のリスク管理については、途中加入ながら3バックの中央に定着する安藤淳がバランスを取って対応したい。

 ただ、連敗を止めたとはいえ、残留争いの渦中にいる苦境は変わらず、長かったトンネルを抜けた矢先につまずけば、再びチームに暗いムードが漂いかねない。また20日の練習試合で、新加入のブラジル人MFエリックが初出場したものの動きは重く、実戦投入はまだ先になりそう。このほか、故障離脱中のドリバは契約解除の方向で、代わりにアトレチコ・ミネイロでオビナとチームメートだったウィリアンスと仮契約。早期合流が実現すればチーム内の刺激になるだろう。(大枝令)

■松本予想スタメン
3-5-2
GK
村山智彦
DF
飯田真輝
安藤淳
酒井隆介
MF
田中隼磨
岩上祐三
岩間雄大
工藤浩平
喜山康平
FW
オビナ
前田直輝

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る