FOLLOW US

ゴール量産でチーム強化費増?…浦和の梅崎・関根が「ゴールdeセレモニー」贈呈式に出席

贈呈式に出席した関根貴大(左端)と梅崎司(左から2人目)

 浦和レッズの梅崎司と関根貴大が22日、大原サッカー場で行われた『ゴールdeセレモニー』贈呈式に出席し、表彰を受けた。

 『ゴールdeセレモニー』とは、浦和レッズがオフィシャルパートナーの株式会社セレモニーと2013年にスタートさせた企画で、ゴール裏の電光広告ボードに「セレモニー」と表示されている間にゴールを決めた場合、同社から賞金などが贈呈されるというもの。

 関根は14年5月17日のC大阪戦と15年4月25日名古屋戦で、梅崎は15年5月16日のFC東京戦で対象となるゴールを決めた。プロ初ゴールが対象となった関根は「狙って取れるものではないですが、これからもたくさんゴールを決めて、この賞をいただければと思います」とコメント。梅崎は「自分だけでなくいろいろな選手が受賞の機会を迎えられるよう、チームとしてゴール数を増やしていきたい」とゴール量産に意欲を燃やした。

 同社から浦和レッズに対してチーム強化費として30万円、同社が運営するスポーツバー「ティナラウンジ」の貸切権が贈られるほか、地域福祉施設には1ゴールにつき車椅子1台が寄贈される。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO