FOLLOW US

都道府県別の現役Jリーガー輩出数が判明…地元出身者ゼロのチームも

1stステージ優勝を果たした浦和レッズ [写真]=Getty Images

 Jリーグは21日、公式サイトでJリーガーの都道府県別出身者数を発表した。

 同サイトによれば7月5日時点での現役Jリーガーは1372名で、47都道府県のすべてから選手が輩出されている。都道府県別にみると1位は東京、2位が神奈川と、人口に比例する結果となった。しかし、3位には人口では全体の5位である埼玉県がランクイン。その他では熊本県、鹿児島県、滋賀県などが人口の順位と比べ上位に入っている。

 チーム別に地元出身者の所属数をみるとJ2の大宮アルディージャが16人で1位。2位はJ1清水エスパルスとJ3のY.S.C.C.横浜の15人となっている。逆にJ1モンテディオ山形、J2のV・ファーレン長崎、J3のAC長野パルセイロには地元出身者が一人も所属していない。

 都道府県別の現役Jリーガー輩出数トップ10は以下のとおり

■都道府県別輩出数トップ10

・1位:東京都  160人
・2位:神奈川県 133人
・3位:埼玉県  108人
・4位:大阪府  98人
・5位:千葉県  86人
・6位:静岡県  81人
・7位:兵庫県  68人
・8位:福岡県  55人
・9位:愛知県  41人
・10位:北海道  36人

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA