FOLLOW US

J2・20位の栃木、阪倉監督が辞任「J1昇格に向かって頑張ってほしい」

栃木の監督を辞任した阪倉監督 [写真]=Getty Images

 栃木SCは20日、阪倉裕二監督が同日付で辞任することを発表した。後任監督については決まり次第発表される。

 阪倉監督は辞任に際し、クラブを通じて以下のようにコメントしている。

「日頃よりご支援・ご声援いただいているスポンサーの皆様、毎試合応援していただいたサポーターの皆様の期待に応えられず辞任することになりました。大変申し訳ありません。トップチームコーチを5年、ユース監督を1年、そして監督を1年6カ月務めさせていただき栃木SCに私自身も成長させていただきました。本当にありがとうございました。今後は新監督のもと一致団結してJ1昇格という目標に向かって頑張ってほしいと思います。皆様方におかれましては今後とも栃木SCを熱く応援していただけると嬉しく思います。最後になりますがこの場をお借りしまして私自身を支えていただきました関係者各位、フロントスタッフ、強化部、そして選手たちに心から感謝申し上げます。ありがとうございました」

 現在48歳の阪倉監督は、現役時代は古河電工、ジェフユナイテッド市原(ともに現ジェフユナイテッド千葉)、名古屋グランパス、ブランメル仙台(現ベガルタ仙台)などでプレー。現役引退後は指導者としての道を歩み、横浜FCコーチ、京都サンガF.C. U-18監督、栃木ヘッドコーチ、栃木ユース監督などを務めてきた。

 2014年から栃木の監督に就任し、同クラブでの通算成績は20勝19分け28敗。今季はここまで2015明治安田生命J2リーグ第24節までを終え、5勝8分け11敗の20位に低迷していた。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA