FOLLOW US

【予想スタメン】“らしさ”を取り戻した鳥栖、最下位新潟との対戦も「難しいゲームに」

3試合連続ゴールと好調のエース豊田陽平 [写真]=Getty Images

アルビレックス新潟 弱点はセットプレーからの失点

 鹿島戦は後半アディショナルタイムに2失点して逆転負け、FC東京戦はプレスが空転して完敗と、2ndステージの再開ダッシュに失敗。最下位に逆戻りしてしまった。

 2試合ともセットプレーから失点しているのは大きな不安材料。セットプレーでいとも簡単に、それも相手で最も警戒すべき選手に決められる悪癖が、1stステージから改善されていない。鳥栖も当然、新潟の弱点として狙ってくるだろう。

 同じ負けでも、鹿島戦とFC東京戦では中身がまるで違う。鹿島戦はプレスがハマり、狙いをしっかりと表現できた。ところが、FC東京戦ではそれがまったく影を潜めてしまった。

 鳥栖のロングボールには新潟のハイプレスを弱める作用がある。とはいえ、守備で構えて後ろが重くなると、持ちこたえられない恐れがある。怖がらずに前からプレッシャーを掛ける戦いができるかは、今後にも大きく関わってくる。

 現状ではネガティブな要素ばかり出てくるが、鹿島戦で機能したハイプレスは、見失ってはならない戦いの指針だ。ダイナミックな動きでチームに推進力を与える加藤大小泉慶という若手MFの台頭も、変化を予感させる。

 加藤が指宿洋史と好連係を見せることで、2トップを組む山崎亮平を加えた攻撃も活性化しつつある。連敗中ではあるが、輪郭がはっきりしてきた戦いを、鳥栖戦でさらにブラッシュアップしたい。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
守田達弥
DF
川口尚紀
舞行龍ジェームズ
大井健太郎
コルテース
MF
加藤大
レオ・シルバ
小泉慶
山本康裕
FW
指宿洋史
山崎亮平

サガン鳥栖 新潟には対戦成績で負け越すも、苦手意識はない

 前節、川崎と引き分けて2ndステージ開幕2連勝とはならなかったが、鳥栖らしさは確実に戻ってきている。7試合ぶりとなった前半での失点以降は前線からのプレスと引いてブロックを作る守備の使い分け、相手のシュートに体を張る、相手より走るという鳥栖がやるべきことを実践した。J1・1st第5節山形戦以来となるホームゲーム勝利とはならなかったが、最後まで勝負を諦めない姿勢を示し、逆転に持ち込む雰囲気を作ったことで選手たちは手応えを感じている。

 新潟とのJ1リーグ戦成績は2勝4敗で、アウェーゲームでも1勝2敗と負け越している。だが、ホームで行なわれた今季開幕戦で逆転勝ちしているだけに苦手意識はないはず。年間順位で最下位の新潟だが、鳥栖の選手に楽観視する者はいない。かつて新潟に所属した菊地直哉は「新潟は内容的に非常に良いゲームをずっとしているし、結果は出ていないですけど、一貫しているチームだと思うので難しいゲームになる」と気を引き締めた。

 連戦でアウェーゲームという鳥栖にとっては厳しい条件での試合となるが、森下仁志監督が言うように「1試合を通して自分たちの強さを出し切れるように。そうすれば勝ち切れる」。鳥栖らしい守備とエース豊田陽平の3試合連続ゴールなど、自分たちの良さが戻っているだけに、2012年以来となるデンカビッグスワンでの勝利に期待したい。(荒木英喜)

■鳥栖予想スタメン
4-2-3-1
GK
赤星拓
DF
吉田豊
菊地直哉
谷口博之
キム・ミヌ
MF
高橋義希
藤田直之
水沼宏太
鎌田大地
ペク・ソンドン
FW
豊田陽平


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO