2015.07.11

浦和は初戦制し18戦無敗…最下位の清水は5失点で黒星発進/J1・2nd第1節

 2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第1節が、11日に各地で行われた。



 ファーストステージを無敗で制した浦和レッズは、松本山雅FCとアウェーで対戦。開始12分に武藤雄樹のゴールで先制した浦和は、後半にはいって52分に興梠慎三がゴールを決めてリードを2点に広げる。62分に酒井隆介のゴールで松本に反撃を許すも、試合はこのまま終了。浦和が2-1でセカンドステージ初戦を制し、無敗試合数も18に伸ばした。

 一方、ファーストステージ最下位だった清水エスパルスはホームでヴィッセル神戸と対戦。後半戦から挽回したかった清水だが、開始7分に森岡亮太のゴールで神戸に先制を許すと、19分に高橋峻希、 41分にはレアンドロにも追加点を許し、3失点で前半を折り返す。後半に入っても清水は神戸の勢いを止めることができず、55分にマルキーニョス、75分には高橋祥平に得点を許し、そのまま試合終了。清水は0-5で神戸に敗れ、セカンドステージ黒星発進となった。

 また、セカンドステージ初戦から実現した“多摩川クラシコ”は、川崎フロンターレが2-0でFC東京に勝利。ベガルタ仙台サンフレッチェ広島の対戦は、合計7ゴールが生まれた乱打戦となったが、ファストステージ3位だった広島が4-3で打ち合いを制した。

■J1 2nd第1節結果
ベガルタ仙台 3-4 サンフレッチェ広島
湘南ベルマーレ 2-1 名古屋グランパス
川崎フロンターレ 2-0 FC東京
柏レイソル 2-3 サガン鳥栖
横浜F・マリノス 1-1 モンテディオ山形
松本山雅FC 1-2 浦和レッズ
アルビレックス新潟 2-3 鹿島アントラーズ
清水エスパルス 0-5 ヴィッセル神戸
ガンバ大阪 2-1 ヴァンフォーレ甲府

■J1 2nd第1節順位表(カッコ内の順位は年間順位)
1位 神戸(11位)(勝ち点3/得失点差5)
2位 川崎(5位)(勝ち点3/得失点差2)
3位 広島(2位)(勝ち点3/得失点差1)
4位 鹿島(7位)(勝ち点3/得失点差1) 
4位 鳥栖(10位)(勝ち点3/得失点差1)
6位 浦和(1位)(勝ち点3/得失点差1)
6位 G大阪(3位)(勝ち点3/得失点差1)
6位 湘南(8位)(勝ち点3/得失点差1)
9位 横浜FM(6位)(勝ち点1/得失点差0)
9位 山形(16位)(勝ち点1/得失点差0)
11位 仙台(9位)(勝ち点0/得失点差-1)
12位 柏(14位)(勝ち点0/得失点差-1)
12位 新潟(17位)(勝ち点0/得失点差-1)
14位 名古屋(12位)(勝ち点0/得失点差-1)
14位 甲府(13位)(勝ち点0/得失点差-1) 
14位 松本(15位)(勝ち点0/得失点差-1)
17位 FC東京(4位)(勝ち点0/得失点差-2) 
18位 清水(18位)(勝ち点0/得失点差-5)

■J1 2nd第2節対戦カード(7月15日開催)
鳥栖 vs 川崎
山形 vs 浦和
鹿島 vs 清水
FC東京 vs 新潟
横山FM vs 柏
甲府 vs 仙台
名古屋 vs G大阪
神戸 vs 湘南
広島 vs 松本

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る