2015.07.08

新たな挑戦への覚悟…ドイツへ旅立つ武藤が一曲に込めたメッセージ

武藤嘉紀
セレモニーでファンに別れを告げる武藤 [写真]=瀬藤尚美

文=高尾太恵子



 ドイツ・ブンデスリーガのマインツへ移籍する日本代表FW武藤嘉紀が7月7日、羽田空港から渡独。「FC東京でプレーできたことは自分の誇り」と胸を張り、新たな戦いへと出発した。

 6月27日の国内ラストマッチで約4万人の大観衆に自らの想いを告げた武藤。試合後の壮行セレモニーでは、涙ながらに「今の僕があるのは、支えてくださったファン、サポーターを始め、両親、監督、チームスタッフ、僕に携わってくれたすべての人のおかげ。この1年半があったからこそ、今の自分がある。日本に帰ってきたら、ぜひまたFC東京に温かく迎えてもらえたらうれしい」と感謝の言葉を口にした。

 味の素スタジアムのゴール裏には「世界を駆け抜けろ!」と書かれた横断幕が掲げられ、セレモニー後にはサポーターによる『You’ll never walk alone』の大合唱が響き渡った。これに寄り添うように静かに流れ出したピアノ伴奏――。武藤はその曲に揺るぎないメッセージを込めていた。

 トップチームで青赤のユニフォームを身にまとった期間は短く、本人も「本当にあっという間でした」と振り返る。プロ1年目は新人最多記録に並ぶ13得点を挙げ、Jリーグベストイレブンに選出。その活躍が日本代表のハビエル・アギーレ前監督の目に留まり、昨年9月に行われたウルグアイ戦で国際Aマッチデビューを飾った。プロ2年目の今シーズンもハイペースで得点を積み重ね、ファーストステージだけで10得点を記録。本人が振り返ったとおり、一気に1年半を駆け抜けた。

 わずか1年半、されど1年半。

 FC東京は武藤にとってはサッカースクール時代から13年間を過ごした愛着のあるクラブでもある。ともに戦ったチームメートを始め、見守ってくれたファン、サポーターには言葉では伝え切れない想いがあった。

 セレモニーであいさつを終えた武藤がゆっくりと歩き出す。ここでBGMとして流れたのが、自ら選んだ『See You Again』という曲だった。

 選曲理由については「また会おうってこともあって、自分の心情に一番合っていたので」と多くは語らなかったが、その一曲からファン・サポーターへの確かな愛情が伝わってくる。

 Wiz Khalifaが歌う『See You Again ft. Charlie Puth』は映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』の挿入歌で、同シリーズに長年出演し、撮影期間中に不慮の事故で他界した俳優ポール・ウォーカー氏に捧げられた曲。再会を誓う歌詞が自らの心情と重なったのだろう。スタンドのファン・サポーターに向けて何度も手を振り、深々とお辞儀をする姿は、必ず戻ってくると約束しているようだった。

 そんな想いをすべて理解しているかのように、サポーターは『You’ll never walk alone』を熱唱し続ける。普段は「お前たちは決して一人じゃない、俺たちがついている。一緒に戦おう」と選手たちを鼓舞する歌が、この時だけは少し違うメッセージに聴こえた。

「お前は決して一人じゃない、俺たちがついている。だから頑張ってこい」

 巣立っていく若きストライカーの背中をスタジアム中が後押ししていた。

 もちろんプレッシャーはある。試合翌日のFC東京のファンイベントでは「やってやろうという気持ちが7割、あと3割は緊張と……不安かな」と珍しく弱音を漏らした。それでも「プレッシャーはどこに行っても掛かってくるもの。そのプレッシャーを真摯に受け止めて、それを力に変えていきたい」と自分に言い聞かせるように前を向く。また、今月4日には大学時代から交際していた女性との結婚を発表。生涯の伴侶を得たことで、「これからは新しい家族の幸せも考えてプレーしたい」と表情を引き締めた。

 チェルシーからオファーが届いたときに「欧州の舞台を意識した」という武藤は、悩んだ末にマインツに身を置くことを決断した。だが、その一方で「FC東京にタイトルをもたらせなかったこと」が唯一の心残りだったという。後ろ髪を引かれながら新たな挑戦を決意しただけに、結果へのこだわりは人一倍強い。「この想いは日本代表とドイツで返したい。海外では結果がすべて。ゴールは取れるだけ取りたい」と新天地での活躍で恩返しを誓う。

 22歳の挑戦は始まったばかり。「最後はFC東京に骨を埋めると決めている」と将来の再会を誓った武藤が、感謝の気持ちと強い覚悟を胸に、多くの人の想いを抱きながら世界を駆け抜ける。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る