FOLLOW US

鹿島が中田浩、柳沢、新井場の引退試合を開催…中田浩CROによる最初のビッグイベント

2015.07.06

中田浩二、柳沢敦、新井場徹の合同引退試合が行われた [写真]=Getty Images

文=青山知雄

『ENCORE supported by JIM BEAM 中田浩二 柳沢敦 新井場徹 合同引退試合』が5日、茨城県の県立カシマサッカースタジアムで開催され、鹿島アントラーズOBによる『ANTLERS LEGENDS』と、日本代表や他クラブでともにプレーした『KAY FRIENDS』が対戦。20.503人の大観衆が集まる中、日本サッカー界に名を残す名選手たちが集結して中田、柳沢、新井場の新たな門出を改めて祝った。


 この引退試合は、昨シーズン限りで現役を退き、クラブリレーションズオフィサー(CRO)として活動する中田が「何回も会議に出たり、選手たちに声を掛けたりしながら、ずっと自分でも携わってきた。CROとして初めて関わった大きな仕事」というビッグイベント。当初は中田、柳沢の合同引退試合で進められていたが、年明けに新井場が引退を発表したことで、中田が新井場を含めた3選手での開催を提案。これを柳沢が快諾し、当初は固辞していた新井場が中田の呼びかけに応えたことで実現したという。

 この試合には三浦知良(横浜FC)を始め、中山雅史や名波浩(ジュビロ磐田監督)、中村俊輔横浜F・マリノス)、小野伸二(コンサドーレ札幌)ら日本サッカーを支えてきた選手たちが名を連ねた。前日に結婚式を執り行ったという内田篤人シャルケ)も杖をつきながらエンジの22番を着け、応援団長として参加。中田は「カズさんやゴンさんはヤナギからお願いしてもらったほうがいいと思って声を掛けてもらいましたが、基本的には僕がクラブのCROとして、アントラーズOBやKAY FRIENDSの選手たちにも自分で電話をして参加をお願いしました。ヤット(遠藤保仁/ガンバ大阪)のように所属クラブのイベントなどで参加してもらえなかった人もいますが、本当にみんなに協力してもらえてありがたかった」と感謝の気持ちを口にしていた。

 試合は大いに盛り上がった。

 開始早々に主役の一人である中田が「相手のGK(武田博行セレッソ大阪)が現役選手じゃなければ決まっていたと思う」という強烈な左足ミドルで幕を開けると、17分には左サイドで中田、増田忠俊とつないだボールを新井場がカットインから右足シュート。GKが弾いたところを柳沢が右足で押し込み、主役が絡んだアタックでANTLERS LEGENDSが先制点を奪う。

 もちろん役者がそろったKAY FRIENDSも負けてはいない。30分、中山が倒されて得た直接FKをカズがワンステップで右足を振り抜いてゴールネットを揺らす。カズ自身「このスタジアムではJリーグ元年の最終節で左足で決めて以来」という直接FKで試合を振り出しに戻す。

 千両役者の競演に湧くスタジアムは、果敢な攻撃参加を見せる新井場への応援で前半のピークを迎える。

 39分、大「アライバ!」コールを背にした新井場が自陣深くからドリブルを開始。どんどん持ち上がっていく主役に対し、名波がペナルティエリア付近で巧みに届かない距離からスライディングを仕掛ける演出を見せる。新井場は大歓声の中でゴール前まで進入すると、右足を振り抜いて勝ち越しゴール。その後も「あらいばさーん、頑張ってー!」、「あらいばさーん、もう1点取ってー!」とコールされると、さすがに息が切れたのか、ゴール前まで足を運んで人差し指を口に当てるアピール。KAY FRIENDSが福西崇史が場内の空気を読まずにスピードに乗ったドリブルから同点弾を決めて2-2としたところで和やかな雰囲気のまま前半が終了すると、新井場はピッチ中央にセットされていたマイクを手にして「ちょっと待ってくれ!あまりにも無理がある!」と笑いを誘っていた。

 後半も主役たちが輝いた。ANTLERS LEGENDSは53分、柳沢が左サイドから折り返したボールに走り込んだ興梠慎三浦和レッズ)がダイレクトで合わせてゴール。鹿島の“新旧13番”によるコンビネーションで再び勝ち越しに成功する。

 ここからはメインキャストの中で一人だけゴールを決めていない中田の独壇場に。22分、KAY FRIENDSがPKを得ると、「誰が蹴るか、決めかねていた」と知った中田が99番の白いユニフォームになってペナルティスポットへ向かう。味方だったはずの曽ヶ端準は「下に着込んでいたのは知っていたけど、まさかあそこでPKを蹴りに来るとは」と苦笑い。だが、両チームの選手から「止めろ!」とエールが飛ぶと、中田のキックを曽ヶ端が横っ飛びでセーブ。参加予定だったナインティナイン矢部浩之さんのユニフォームに変身しながらゴールを挙げることはできなかった。するとゴール裏サポーターはいつも「ゴールカーシマー」と歌っているチャントを「ゴールナーカター」と歌詞を変えて楽しみ始める。
 30分過ぎからは立て続けに直接FKのチャンスを得るが、小笠原満男(鹿島)の配慮で壁の中央を空けたり、壁に入った選手が全員片ひざをつくなどしても決められず、ついに場内からはブーイングが……。

 そして84分、その時がやってきた。ANLTERS LEGENDSがPKを得ると、茨城県出身の宮島一代主審がペナルティスポット付近にバニシングスプレーで「KOJI」の文字を浮かべる。先日、元ブラジル代表MFアレックスの引退試合で主審が見せた粋なはからいを日本でも行うと、待ち構えるGK楢崎正剛は大きく左サイドを空けて立った。中田は「あれだけ大きく空けてもらえたらね。でも、それでナラさんが逆サイドに飛びついてきたらどうしようかと思った(笑)」と振り返っていたが、これを左足キックでしっかり右下に沈めると、チームメートが駆け寄って面目躍如の主役を胴上げで祝った。

 終了間際には新井場の左クロスをマルキーニョスヴィッセル神戸)が頭で豪快に叩き込んだところで試合終了。中田がCROとしての責任を全うしてフル出場する奮闘を見せ、ANTLERS LEGENDSが5-2で勝利を収めた。

 これからは3人がそれぞれ異なる形で日本サッカー界への貢献を誓う。

 柳沢は今シーズンから鹿島へ戻ってトップチームのコーチとして常勝軍団復活へ力となるべく取り組んでおり、中田は鹿島のCROとして活動しながら、Jリーグと立命館大による経営人材育成プログラム「Jリーグヒューマンキャピタル」で経営を学び将来のチェアマンを目指している。新井場は地元・大阪で現役時代に立ち上げた「FCティアモ枚方」が昨年から関西1部リーグに昇格。同クラブの代表としてJFL昇格からJリーグ入りを目標に掲げているが、「今、開幕11連敗なんで来シーズンのJFL昇格は難しくなった。今はスポンサー集めが大変なんで、ぜひ紹介しておいてください」と笑顔で話していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

SOCCERKING VIDEO