FOLLOW US

清水、田坂和昭氏がヘッドコーチ就任「選手とともに戦っていきます」

清水のヘッドコーチに就任した田坂和昭氏 [写真]=Getty Images

 清水エスパルスは2日、大分トリニータの監督を退任していた田坂和昭氏がヘッドコーチに就任したと発表している。

 田坂氏は現役時代に清水やセレッソ大阪などで活躍し、2002年に現役を引退すると指導者に転身。2006年からは清水のサテライトチームで監督を務めた。その後2011年に大分の監督に就任すると、2012年にはクラブをJ1昇格に導いていた。

 2015年6月に成績不振を理由に大分を解任された同氏は、7月2日付で選手としても指導者としても古巣である清水のヘッドコーチ就任となった。

 田坂氏はクラブ公式サイトで次のようにコメントを伝えている。

「このたび、4年半ぶりに清水エスパルスに戻ってくることになりました。これまでの指導者としての経験が、チームに良い形で還元出来ればと思っています。チームの目標達成のために、チームスタッフと協力しながら大榎監督をサポートし、選手とともに戦っていきますので、今後ともよろしくお願いします。」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA