2015.06.19

【予想スタメン】神戸とのアウェー戦はまさしく“鬼門”…浦和は自力でステージ優勝を狙う

今節引き分け以上でステージ優勝が決まる浦和 [写真]=Getty Images

■ヴィッセル神戸 ビッグマッチを制してJ1ホーム通算100勝を飾れるか

 J1・1stステージも大詰めを迎えるなか、神戸はこの第16節で、15戦無敗中の首位浦和とのホームゲームに臨む。浦和のステージ優勝がかかった一戦ということもあって、アウェー浦和サポーターも大挙詰めかけるだけでなく、メディアも含めて大きな注目を集めるビッグマッチとなる。そこで勝利し、神戸ここにありという“意地”を見せたいところ。それこそが、下位脱却やJ1・2ndステージ躍進へのきっかけになるはずだ。

 2週間前のG大阪戦では、相手の強力攻撃陣を組織的な守備で零封。勝ちきれなかったとはいえ、チーム状況としても底を脱するような、手応えのある内容を見せることができた。

 加えて、ここにきて前節に復帰したマルキーニョスを筆頭に、相馬崇人、北本久仁衛、三原雅俊など、別メニュー調整組が続々と全体練習に合流。ようやく手駒が揃っただけに、“策士”ネルシーニョ監督が、どのような采配を見せるのか。今節の注目ポイントの一つだ。

 また、最近の浦和戦成績は、3試合連続負けなし、ホーム5連勝中と、神戸にとって首位チームを苦にする要素はない。今季、ホームで5敗と悔しい数字を残してしまっているが、王手をかけてから約2カ月間遠ざかっているJ1ホーム通算100勝を、相性の良い浦和戦で今度こそ達成したいものだ。そのためには、リーグ戦直近5試合でゴールから遠ざかっているFW勢をはじめ、攻撃陣の奮起が求められる。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
3-4-3
GK
山本海人
DF
ブエノ
増川隆洋
高橋祥平
FW
高橋峻希
森岡亮太
チョン・ウヨン
安田理大
FW
ペドロ・ジュニオール
渡邉千真
小川慶治朗

■浦和レッズ 浦和らしいダイナミックなサッカーが勝利をもたらす

 ここまで11勝4分で首位を走る浦和は、次節の神戸戦を引き分け以上で乗り切れば、J1・1stステージ制覇が決まる。浦和は開幕から15試合連続無敗記録を更新中だが、その数字を16試合に伸ばせば、年間王者を決めるチャンピオンシップ出場一番乗りが決まる。

 年間優勝、年間勝ち点1位を目指す浦和の選手たちは「通過点にすぎない」と考えているが、まずは第一関門を突破すればチームへの自信もさらに深まるはず。神戸に負けたとしても、2位のG大阪が仙台と引き分け以下の結果に終わればステージ優勝となるが、やはり自力で決めたい。

 ただ、神戸のアウェー戦は浦和にとって鬼門となっている。最後にリーグ戦で勝った試合は2007年8月29日の対戦まで遡らなければならず、ここ6試合勝ちなしの5連敗中。しかし、浦和は今シーズン、同じく鬼門と言われていたアウェー鳥栖戦で大勝を収めており、これまで以上に強かに戦えるようになっている。

 前節の清水戦を欠場した森脇良太、けがで戦列を離れていたズラタンも今週のゲーム形式の練習に復帰しており、陣容は整っている。チームと日本代表で連戦が続く槙野智章の疲労度は気になるところだが、約2週間の中断期間で多くの選手がしっかりと休養を取れたことは大きい。浦和らしい運動量豊富でダイナミックなサッカーで歓喜に浸りたい。(totoONE編集部)

■浦和予想スタメン
3-4-2-1
GK
西川周作
DF
森脇良太
那須大亮
槙野智章
MF
関根貴大
柏木陽介
阿部勇樹
宇賀神友弥
梅崎司
武藤雄樹
FW
興梠慎三

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
町田
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る