2015.05.29

【予想スタメン】FC東京ホームで大敗が続く柏、ACLでの快進撃を不調のリーグ戦に繋げられるか

リーグ戦は14位と調子が上がらない柏 [写真]=Getty Images

■FC東京 連戦で“替えの効かない”選手の状態が気ががり

 ナビスコ杯では一度も敗戦がなく、グループ首位に立つものの、リーグ戦では3連敗中。特に第13節名古屋戦、ナビスコ杯前節広島戦は、いずれもボールを支配しながらチャンスを活かしきれず、ミスからの失点が続いた。連戦の中でどうしても集中力が欠ける場面があり、それがスコアに直結することになった。

 アウェーからの移動を含めて中2日で迎える今節。準備期間は前日のみとなり、マッシモ・フィッカデンティ監督は「これだけたくさんの試合が続くため、個々のコンディションを注意深く見極めていかなければいけない」と話す。そのた先発については流動的だが、森重真人や太田宏介、武藤嘉紀ら、チームにとって“替えの効かない”選手の状態は気にかかるところだ。

 一方、本来は中盤を3枚にする4-3-1-2が基本陣形だが、4-3-3のフォーメーションを採る柏に対して、ミラーのように3トップにすることや、ナビスコ杯広島戦で機能した4-2-3-1でスタートする可能性も考えられる。

 羽生直剛が負傷、カニーニがチームを離れ、徳永悠平が出場停止と、苦しい状況でもあるが、スムーズな布陣変更により相手のストロングポイントを抑え、リズムを引き寄せることができるのは、今季のチームの特長でもある。ナビスコ杯広島戦では、途中出場の河野広貴、三田啓貴の連係から林容平が貴重な同点弾を奪い、勝利に対する貪欲な姿勢を見せつけた。これで得た勝点1をはずみとし、リーグ戦の連敗をストップさせたい。(totoONE編集部)

■FC東京予想
4-3-1-2
GK
権田修一
DF
松田陸
吉本一謙
森重真人
太田宏介
MF
三田啓貴
梶山陽平
米本拓司
河野広貴
FW
前田遼一
武藤嘉紀

■柏レイソル 調子を上げてきた大津の投入にも注目

 火曜日に行われたACLの決勝トーナメント1回戦で、柏は2年ぶりのベスト8進出を決めた。ホームとアウェー2試合の合計が4-4となり、アウェーゴールの差で辛くも水原を下した形になったが、アジアで快進撃を続ける勢いを、いまひとつ調子の上がらないリーグ戦にもつなげたいところではある。

 水原とタフな2試合を繰り広げたことによる心身の消耗は懸念材料の1つ。工藤壮人は「今度はJリーグで結果を残す。切り替えはできている」と話しているが、ACLの影響が残るようでは、今節はかなり厳しい試合になると言わざるを得ない。さらに水原戦の第2戦を回避した武富孝介と栗澤僚一は、おそらく今節も欠場が濃厚。彼らの不在は痛手だが、水原戦でチームをベスト8に導くゴールを決めた20歳の小林祐介が著しい活躍を見せており、彼の台頭がチーム内に大きな刺激を与えているようだ。

 FC東京とのアウェー戦は0-3、0-4と2年連続で大敗が続いている。今回の対戦も柏が攻めあぐねたうえにカウンターの餌食になると、過去2年と同じ展開にもなりかねないため、「リスクマネジメントを徹底したい」と鈴木大輔は守備陣の意識共有を図る。

 手堅いFC東京の守備を柏がいかに突破してゴールを挙げるか。攻撃が停滞した場合は、調子を上げてきた大津祐樹がどのタイミングで投入されるかにも注目したい。(鈴木潤)

■柏予想
4-3-3
Gk
菅野孝憲
DF
キム・チャンス
鈴木大輔
エドゥアルド
輪湖直樹
MF
小林祐介
茨田陽生
大谷秀和
FW
クリスティアーノ
レアンドロ
工藤壮人

欧州リーグ順位表

チェルシー
6pt
トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る