FOLLOW US

松田直樹さんの古巣クラブがJ1で初対決…横浜FMが3発で松本に快勝

 2015明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第13節が23日に行われ、松本山雅FC横浜F・マリノスが対戦した。

 故・松田直樹さんが所属した両クラブによるJ1での初対決が実現。ホームの松本は直近3試合のリーグ戦で2勝1分と上り調子で、初の連勝を目指す。一方の横浜FMも前節には今季初の3連勝を飾り、好調をキープしている。

 最初のシュートは松本。5分、右サイドでボールを持った田中隼磨がDFを一人かわしてミドルシュートで狙うがこれはキーパーの正面に飛んだ。すると8分、試合が動く。横浜FMがパス交換からペナルティエリア内に攻め込むと、一度はパスカットされながらも相手のクリアミスで高く浮いたボールをアデミウソンが右足ボレーで叩き込み、横浜FMが先制する。

 1点を追う松本は16分、スルーパスに抜け出したオビナがペナルティエリア内でGK飯倉大樹に倒されたかに見えたが、これはシミュレーションの判定。オビナにイエローカードが出された。

 主導権を握る横浜FMは17分に齋藤学、19分に中町公祐がシュートを放ち松本ゴールを脅かす。23分にはアデミウソンが斎藤とのワンツーからミドルシュート。しかしこれは惜しくもクロスバーに阻まれた。

 そして迎えた31分、横浜FMが追加点を奪う。左サイドからカットインで持ち込んだ齋藤がペナルティエリア手前正面からシュート。これはDFにブロックされたが、こぼれたボールを中町が落ち着いてゴール左に流し込み、リードを2点に広げた。

 後半に入り46分、松本は右サイドでチャンスを作り、オビナがクロスボールに飛び込みヘディング。しかしシュートはDFに阻まれた。

 49分、この日得点を挙げた中町が左太もも裏を痛め兵藤慎剛との交代を余儀なくされる。しかしアクシデントに見舞われた横浜FMは52分、57分と立て続けに齋藤がシュートを放つなど、依然として主導権を握り試合を進めていく。

 なかなかチャンスをつかめない松本は66分、前田直輝に代えて阿部吉朗を、岩沼俊介に代えて石原崇兆を投入し反撃に出る。それでも状況を打開できず、82分に喜山康平に代えて鐡戸裕史を投入。最後のカードを切ってゴールを目指す。

 85分、ようやく松本にチャンスが訪れる。左サイドからのクロスに途中出場の阿部が頭で合わせたが、枠を捉えることができない。

 このまま終了かに思われた90分、アデミウソンが落としたボールをエリア外正面から藤本淳吾が左足でシュート。これがゴール右隅に突き刺さり、横浜FMがダメ押しゴールを奪った。

 試合は3-0でタイムアップ。横浜FMが4連勝を飾っている。次節は30日に行われ、松本はアウェーで鹿島アントラーズと、横浜FMはホームでガンバ大阪とそれぞれ対戦する。

【スコア】
松本山雅FC 0-3 横浜F・マリノス

【得点者】
0-1 8分 アデミウソン横浜F・マリノス
0-2 31分 中町公祐横浜F・マリノス
0-3 90分 藤本淳吾横浜F・マリノス

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA