2015.05.09

【予想スタメン】リーグ戦9試合未勝利と低迷する清水、守備面での課題改善で勝利を目指す

3戦連続ドロー試合の清水だが、徐々に試合内容は良くなってきている [写真]=Getty Images

■ヴィッセル神戸 無失点達成が勝利への近道

 神戸の野戦病院化が止まらない。安田理大、ペドロ・ジュニオールという負傷離脱組に、第9節鳥栖戦後には三原雅俊が、第10節湘南戦途中では相馬崇人とマルキーニョスが、新たに加わってしまった。戦列を離れていた司令塔の森岡亮太と、CBの増川隆洋の2選手については、7日の全体練習で元気な姿を見せ、復帰も近づいているのは明るい材料だが、ネルシーニョ監督も選手のやりくりには苦心しているようだ。

 それでも、限られた戦力のなかで、アウェー2連戦で2引き分けと、勝ち点を持って帰ってくることはできた。勝ちきれるチャンスもあっただけに、勝ち点を失ったという思いもあるだろうが、今の神戸は我慢のとき。そのなかで、タイトな連戦の最後となる第11節では、1週間半ぶりにノエビアスタジアム神戸で戦えるだけに、約1カ月のホームゲーム勝利、4試合ぶり白星を得たいところ。

 今週は岩波拓也が神戸アカデミー出身者初の日本代表候補入りといううれしいニュースもあった。いまやDFの要となった背番号5や、古巣対決を迎えるGK山本海人らを中心に、リーグ戦では第4節広島戦以来の無失点を達成することが、勝利への近道となるだろう。

 一方、攻撃陣は、第7節鹿島戦以来、複数得点がないだけに、2点目をいかに取るかがポイント。小川慶治朗や渡邉千真、石津大介という主戦組の活躍だけでなく、田代容輔や増山朝陽といった若手の台頭にも期待したいものだ。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
3-4-3
GK
山本海人
DF
岩波拓也
北本久仁衛
高橋祥平
MF
奥井諒
フェフージン
チョン・ウヨン
高橋峻希
FW
渡邉千真
石津大介
小川慶治朗

■清水エスパルス リーグ戦9試合未勝利も内容面は徐々に改善

 リーグ戦9試合未勝利と、ついにクラブワーストタイ記録まで来てしまった清水。ただ、ここ3試合は負けがなく、内容も徐々に良くなっている。3連続ドローとなった直近3試合ではすべて3バックを採用しており、それが攻撃面で徐々に機能し始めているのもプラス要素と言える。

 特に前節の鳥栖戦では、3‐4‐3の形を採用し、前線は長沢駿の1トップにピーター・ウタカと大前元紀の2シャドーで「お互いの距離感が良かった」(大前)という部分や、ウタカのキープ力もあって、中盤も含めて連係しながらゴールに迫っていく場面を多く作った。両サイドの枝村匠馬とミッチェル・デュークもよくボールを収めて攻撃の起点になっており、サイドから崩して2点を奪ったのは狙い通り。そのため、この流れを継続する意味でもシステムやメンバーの大きな変更は考えにくい。

 ただ、点は取っても守り切れないことが、今の最大の問題点。鳥栖戦では、課題のセットプレーから2失点。そこはかなり練習を重ねているが、最終的には個の対応に甘さが出ているので、相手のセットプレーの機会を減らすことも重要になる。また、勝てないことで選手が自信を失っており、リードすると逆に消極的になってしまう面もある。

 このところメンバーをあまり変えずに連戦を戦っているので、その疲労も心配だが、鳥栖戦では終盤まであまり足が止まってはいなかった。23日間で7試合目という神戸戦で、どれだけ最後まで走りきれるかというのも大きな注目点となる。(前島芳雄)

■清水予想スタメン
3-4-3
Gk
杉山力裕
DF
ヤコヴィッチ
杉山浩太
平岡康裕
MF
河井陽介
本田拓也
八反田康平
ミッチェル・デューク
FW
大前元紀
長沢駿
ピーター・ウタカ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
13pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る