2015.05.09

【予想スタメン】けが人続出で苦しい台所事情の横浜FM、好調を維持するアデミウソンの活躍に期待

新潟戦での活躍が期待されるアデミウソン [写真]=Getty Images

■横浜F・マリノス 前節の勝利が浮上のきっかけとなるか

 前節の名古屋戦は、ほぼ即席だった「3-4-3」システムのミラーゲームがハマって、2-0で快勝。連敗を2でストップした。今後のオプションという点でも、個々の役割がはっきりした3バックが機能した意味は大きい。フォーメーション変更の理由の一番目に「何かを変えたかった」と語ったエリク・モンバエルツ監督の思惑通り、キャプテンマークを巻く中澤佑二も「チームを前向きにさせる勝利」と感じている。この勝利が上位浮上へのきっかけとなるか。

 ただし、台所事情は苦しい。公式戦復帰したばかりのトップ下、中村俊輔が3日に右太もも肉離れで全治3週間と診断されたことをクラブは発表。1トップのラフィーニャも5日の練習で負傷し、再び攻撃の軸となるべき2人を失ってしまった。そればかりか、好調だった伊藤翔、矢島卓郎のFW陣も相次いで離脱。ファビオ、中町公祐の出場停止リーチも不安の種となっている。

 そんな中、獅子奮迅の活躍を期待したいのが、ここ4試合で2ゴール1アシストと上昇気配を示すアデミウソンだ。連戦の最後が移動負担のないホームであることはプラス材料。前節、右サイドを鋭く突破してアデミウソンの先制ゴールをアシストした齋藤学も、体は良く動いている。新潟とは直近5試合のうち、3試合がスコアレス。今季は低迷している相手だが、油断せず臨んで勝ち点3を奪いたい。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-2-3-1
GK
榎本哲也
DF
小林祐三
中澤佑二
ファビオ
下平匠
MF
中町公祐
三門雄大
兵藤慎剛
喜田拓也
齋藤学
FW
アデミウソン

■アルビレックス新潟 大黒柱レオ・シルバの復帰で悪い流れを断ち切れるか

 今シーズン初めての連勝を狙った前節の山形戦は、CKから先制を許した。公式戦7試合連続でセットプレー、その流れから失点中で、何とか悪い流れを断ち切りたいものの、セットプレーは今節対戦する横浜FMのストロングポイントでもある。チームの修正能力が問われるところだ。

 山形戦は、セカンドボールを押さえきれなかったことも苦戦の原因になった。連戦終盤でチーム全体の運動量が落ち、さらにレオ・シルバが出場停止とあって、中盤の構成力が低下していた印象は否めない。大黒柱のボランチが戻り、ボール奪取力、展開力をどこまで取り戻せるか。

 弱みを突かれて失点し、そのまま押し切られそうになった山形戦だが、終了間際のゴールで引き分けに持ち込んだ。指宿洋史がつぶれ役となり、加藤大のラストパスを成岡翔が蹴り込んだ同点ゴールは交代3選手が絡んだもので、チームを奮い立たせ、活気づける意味のあるゴールだった。

 前節の山形戦、前々節の松本戦と3-6-1の相手に対し、マークをはっきりさせるため採用した3-5-2で1勝1分けというのも好材料だ。特にウイングバックの川口尚紀、ストッパーの舞行龍ジェームズが連係する右サイドの攻撃には可能性が感じられた。

 4-4-2、3-5-2のどちらも考えられる今節は、山形戦前日の非公開練習で足を負傷したラファエル・シルバの出場が不透明。得点源が不在となれば、日本人FWによる“代役以上”の奮闘は欠かせない。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
守田達弥
DF
川口尚紀
舞行龍ジェームズ
大野和成
コルテース
MF
小泉慶
レオ・シルバ
小林裕紀
山本康裕
FW
鈴木武蔵
山崎亮平

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る