FOLLOW US

J2参戦1年目の金沢が遂に単独首位浮上…劇的勝ち越し弾で水戸を下す

 2015明治安田生命J2リーグ第11節が3日に行なわれ、ツエーゲン金沢水戸ホーリーホックが対戦した。

 J2参戦1年目ながら、2位につける金沢。前節はコンサドーレ札幌と引き分け連勝は6でストップしたが、首位のジュビロ磐田と同勝ち点を稼ぎ、追走している。

 試合は24分、前線の高い位置でボールを奪った金沢にビッグチャンスが訪れる。ペナルティエリア左の金子昌広が右足でカーブをかけたシュートを狙ったが、惜しくもポストに弾かれてしまった。

 その後も得点が決まることはなく、0-0のまま試合終盤を迎えたが、後半アディショナルタイムに遂に試合が動く。後半アディショナルタイム3分、ラストワンプレーとなったところで金沢がカウンターを仕掛ける。清原翔平佐藤和弘と繋ぎ、左サイドの阿渡真也がクロスを送ると、途中出場のジャーン・モーゼルが頭で合わせ、金沢が土壇場で先制に成功する。

 このまま試合は終了し、金沢が1-0で水戸を破った。同時刻に行なわれていた首位の磐田が敗れたため、金沢が単独首位に浮上した。

 次節、金沢は敵地で徳島ヴォルティスと、水戸はホームでV・ファーレン長崎と対戦する。

【スコア】
ツエーゲン金沢 1-0 水戸ホーリーホック

【得点者】
1-0 90+3分 ジャーン・モーゼル(ツエーゲン金沢


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO