2015.05.03

“カズダンス”で闘争心に火がついた武藤、豪快ヘッドに込めたエースの意地

武藤嘉紀
決勝ゴールを決めた武藤嘉紀 [写真]=兼子愼一郎

 ここで主役の座を奪われるわけにはいかない――。FW武藤嘉紀にとって屈辱的な光景だった。

「悔しかった。大久保選手に決められたというのもそうですし、ホームでああいうことをされるのは……」

 21分、ホーム・味の素スタジアムでFW大久保嘉人にセットプレーからJ1通算140ゴール目を決められた。ゴールパフォーマンスとして“カズダンス”を披露され、闘争心に火がついた。

「ワンチャンスを決めてやろう」

 52分、チャンスが訪れた。左サイドからMF東慶悟がゴール前に送ったボールを、相手DFを引きつけたMF羽生直剛がスルー。ボールはフリーの武藤の元に。左足を振り抜いたがヒットせず、力のないシュートはゴール右へと逸れていった。ビッグチャンスを逃し、両手で顔を覆った。

 しかし、これで終わらないのがエースFWに成長した男の所以だ。同点で迎えた87分。相手陣内のゴールライン付近で自らが得たFKののチャンス。DF太田宏介がゴール前に蹴ったボールにゴール正面でドンピシャのヘディングシュートを放った。

「セットプレーでは自分がファーにいくのが戦術的な決まり事だった。相手も油断していたと思って、ニアに走った」

『第25回多摩川クラシコ』の劇的な幕切れに、大観衆は酔いしれた。武藤自身も試合終了のホイッスルが鳴ると、その拳を握り締める会心の試合になった。

「本当にうれしい。その前に決定機を外していたので。失点は自分でファウルで与えたFKからでしたし、なんとか帳消しにしたかった」

 注目されている海外移籍についても「特に焦っているというのはありませんし、いつまでに決めるというのもない」と言及。「今はJリーグに集中したい。チームもいい状態ですし、手助けできるようにしたい」と続けた。

 クラブ初のリーグタイトルへ。エースFW対決を制した武藤が東京を未踏の高みへ導く。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
53pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る