2015.05.02

白熱の“多摩川クラシコ”はFC東京に軍配…武藤の劇的決勝弾で逆転

武藤嘉紀
決勝点を挙げた武藤嘉紀(中央)[写真]=佐藤博之

 明治安田生命J1リーグ1stステージ第9節が2日に開催され、FC東京と川崎フロンターレが“多摩川クラシコ”で激突した。

 ここまでリーグ最小失点の堅守を誇るFC東京と、リーグ最多得点の攻撃力を持つ川崎との一戦。順位もFC東京が3位、川崎が5位と1stステージの優勝争い生き残りを懸けたサバイバルマッチとなった。

 先制点を奪ったのは川崎。21分にペナルティエリア手前左でFKを獲得すると、中村憲剛のクロスに大久保嘉人が頭で合わせネットを揺らした。大久保はこれでJ1通算140得点目。横浜FCに所属する元日本代表FW三浦知良の記録を抜いた大久保は、公約通り“カズダンス”を披露した。

 川崎は33分にも同じシチュエーションから決定機を演出する。エリア内手前左でFKのチャンスを得ると、キッカーの中村がファーサイドへとクロスを上げる。小林悠が右足シュートで狙ったが、惜しくも枠の左に外れた。

 前半は川崎に主導権を握られたFC東京。後半開始から河野広貴に代えて東慶悟を投入する。49分には林容平を下げて前田遼一を送り込んだ。52分、エリア内でパスを受けた武藤嘉紀がフリーでシュートを放ったが、ミートできず。57分には、CKからのクロスに反応した森重真人がヘディングシュート。枠を捉えたが、西部洋平のセーブに遭う。

 攻撃が活性化してきたFC東京が果敢にゴール前に迫る。62分、エリア手前左でFKを獲得。太田宏介が上げたクロスは西部のパンチングに阻まれるが、こぼれ球を武藤が拾い再びゴール前にクロスを入れる。吉本一謙がヘディングシュートを放つが、得点には至らず。

 押される川崎は64分、車屋紳太郎が2枚目のイエローカードを受けて退場。苦しい時間帯が続く。すると71分、エリア手間からのFKを太田が直接沈め、ついに試合を振り出しに戻した。川崎は79分、レナトがドリブルで仕掛けると、そのままエリア内から左足シュートを放ったが、権田修一に阻まれる。

 数的不利の川崎を相手に攻撃の手を緩めないFC東京は87分、左サイド深い位置でFKを獲得すると、太田からのクロスに飛び込んだ武藤が頭で押し込み逆転。これが決勝点となり、FC東京が2-1で勝利を収めた。

 次節、FC東京はアウェーでベガルタ仙台と、川崎はホームでサンフレッチェ広島と対戦する。

【スコア】
FC東京 2-1 川崎フロンターレ

【得点者】
0-1 21分 大久保嘉人(川崎フロンターレ)
1-1 71分 太田宏介(FC東京)
2-1 87分 武藤嘉紀(FC東京)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
ワトフォード
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・ソシエダ
3pt
レガネス
3pt
バレンシア
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
59pt
福岡
55pt
名古屋
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
富山
35pt
沼津
34pt
Jリーグ順位をもっと見る