2015.05.01

【J1・1st第9節予想スタメン 鹿島vs甲府】ACLを控える鹿島は大幅なメンバー変更の可能性も…好調を維持する柴崎の活躍は必見

好調を維持し、鹿島をけん引する柴崎 [写真]=Getty Images

■鹿島アントラーズ 疲労を考慮して大幅なメンバー入れ替えの可能性も

 鹿島は前々節の神戸戦で退場処分となった金崎夢生が1試合の出場停止を消化して復帰予定。今季はリーグ戦で3得点し、現在、チーム得点王。4月21日に行われたACLのウェスタン・シドニー戦でも後半ロスタイムに劇的ゴールを決めるなど、けがで不在のダヴィの穴を埋めている。日本代表MF柴崎岳のキックも冴え渡る。4月の公式戦7試合では2得点5アシストと結果を残した。そのうち、セットプレーでのアシストは「4」と驚異的な数字を残している。

 甲府相手には通算5勝2分3敗。昨季は2連勝しており、悪いイメージはない。加えて相手は6連敗中。得点も失点もリーグワーストとなる2得点17失点で、第8節を終えて最下位と絶不調。是が非でも勝ち点3を獲っておきたい。

 不安材料があるとすれば、今季は開幕から公式戦12試合連続で完封試合がないこと。リーグ戦の開幕8試合連続失点は、Vゴール方式が廃止された2003年以降ではクラブワースト記録だ。先制点を与えてしまうと、後手に回る可能性もある。また、中2日でACLの決勝トーナメント進出を懸けたFCソウル戦を控えており、クラブ関係者は「メンバーを考えなければいけない」と話しており、大幅に先発メンバーを入れ替える可能性も残されている。4月30日の練習は疲労を考慮されてか急遽オフとなった。いずれにしろ、いかにコンディションを整えられるかがカギとなる。(totoONE編集部)

■鹿島予想スタメン
4-2-3-1
GK
曽ヶ端準
DF
西大伍
青木剛
昌子源
山本脩斗
MF
柴崎岳
小笠原満男
遠藤康
土居聖真
カイオ
FW
金崎夢生

■ヴァンフォーレ甲府 最下位脱出のカギを握るのはベテラン選手の活躍

 リーグ戦6連敗。得点2、失点17は、いずれもJ1ワーストと、チームは低迷を抜け出せずにいる。前節の浦和戦後には、事情説明を求めて客席に残った一部のゴール裏サポーターに、佐久間悟GMと樋口靖洋監督が、直接対応する一幕もあった。

 樋口監督はこれまでにも2006年の山形で開幕7試合、2009年横浜FCで8試合、2012年横浜FMで開幕から7試合勝利なしと、就任1年目のシーズンは序盤で苦戦を強いられている。横浜FMを率いた際は第8節から一転、15戦負けなしと、見事な立て直しに成功した。一方、横浜FC時代は初勝利後にも6連敗。そのままJ2の16位に沈んでいる。こうした状態のチームを好転させるには何をすべきか、何をしたら瓦解するのか。身を持って知っているはずだ。

 また、甲府としても最終的には降格してしまった2007年や、スタートでつまずいた2011年、 8連敗した2013年など、苦境に陥ることは過去にもあった。が、そのたびに山本英臣、石原克哉が支え役になり、チームは「壊れず」にいた。2選手を始め、多くのベテラン選手がこのチームには存在する。こうした状況に不慣れな若い選手たちを、彼らがうまく導いてくれるよう期待したい。

 現状からすれば、スコアレスドローも含めて、何としても勝ち点を積み上げたいというのが率直なところ。なるべく長く0-0でゲームを推移させたい。柴崎岳に35mのロングシュートを決められ、試合開始19秒で失点。そのまま敗れた昨年の二の舞だけは避けなくてはいけない。(渡辺功)

■甲府予想スタメン
3-4-2-1
GK
荻晃太
DF
畑尾大翔
津田琢磨
野田紘史
MF
松本大輝
新井涼平
山本英臣
阿部翔平
石原克哉
阿部拓馬
FW
アドリアーノ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る