2015.04.03

【J1・1st第4節予想スタメン FC東京vs甲府】今季リーグ戦本拠地初勝利を狙うFC東京、甲府の堅守を打破できるか

公式戦5試合負けなしと好調を維持するFC東京 [写真]=Getty Images

FC東京 公式戦5試合負けなしも、シュート精度に課題

 リーグ第3節は速さを意識した戦術を採り、武藤嘉紀東慶悟の2トップで臨んだ。ボール支配率は神戸に譲ったものの、CKから森重真人が先制弾をマーク。武藤が技アリの追加点を決めて勝利し、4位に浮上した。続くナビスコ杯松本戦は、日本代表、U-22代表の計6選手が不在となったが、東のゴールで引き分けに持ち込み、公式戦5試合負けなしに。また、セットプレーからの得点も見られ、ゴールパターンは増えつつある。

 マッシモ・フィッカデンティ監督は、「速く、強いリズムのサッカーできている」と手応えを話し、今節もリーグ前節同様のメンバー起用となる可能性がありそうだ。ただし、週中の練習で東が足首を負傷。フィッカデンティ監督は、出場の可否について「直前まで様子を見て判断したい」と話すに留まり、状態が心配される。

 甲府との対戦成績は過去6戦負けなしだが、昨季は2引き分けで、いずれも甲府の堅守を崩しきれなかった。その打破がカギとなる今節だが、太田宏介は「相手の陣形が整う前に仕掛け、クロスからアシストを決めたい。もし甲府に引かれた時にはセットプレーが大事になるはず。キッカーとしても良いボールを送っていきたい」と意欲的だ。

 勝ちきるためにはシュートの精度も課題だが、現時点では数そのものも多くはない。ゴールへの意識を高め、相手を崩しきらなくともミドルレンジやセットプレーから積極的に狙い、リーグ戦ホームでの初勝利につなげたい。(totoONE編集部)

FC東京予想スタメン
4-3-3
GK
権田修一
DF
徳永悠平
カニーニ
森重真人
丸山祐市
MF
米本拓司
梶山陽平
羽生直剛
FW
東慶悟
河野広貴
武藤嘉紀

ヴァンフォーレ甲府 切り替えの速さと球際に重点

 今シーズン開幕の1週間前、両チームは非公開の練習試合で対戦(1-0)。その時の印象も含めて、樋口靖洋監督がこの試合に向けて特に重点を置いて取り組んだのが、切り替えの速さと球際の強さだ。

FC東京は縦に速い。攻守が切り替わった瞬間、全員で反応する必要がある。ただ、一度遅らせてスペースを消してしまえば、十分対応できていた」。カウンターを狙う者同士だが、リーグ戦3試合で甲府の枠内シュートはわずか1本。フィニッシュの精度で劣る分、陣形が整わないうちに嫌なボールの失い方をして、より致命傷になるのは甲府のほう。全体練習が終わってからも、主将の山本英臣中心に、選手同士で長時間話し合う姿が見受けられたのは、そうした危機感の表れだろう。

 松橋優の足にやや不安があり、右WBには運動量豊富な稲垣祥がまわる見込み。太田宏介封じに期待が懸かる。空席のできたボランチには「前にボールを付けられるようになってきた」(樋口監督)下田北斗の起用が濃厚だ。また、FC東京U-18出身の畑尾大翔にとっては初めての「味スタ凱旋」。特別な想いで臨む一戦になる。「自分が病気になった時、『もう一度プレーする姿が見たい』と、多くの東京サポーターから激励のメッセージを頂きました。今の自分があるのは、そういう人たちのおかげでもあるので。対戦相手ですけど、チームの勝利のために全力を尽くす姿を見てもらいたい」。(渡辺功)

■甲府予想スタメン
3-5-2
GK
荻晃太
DF
畑尾大翔
山本英臣
野田紘史
MF
稲垣祥
石原克哉
新井涼平
下田北斗
阿部翔平
FW
アドリアーノ
阿部拓馬

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
38pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る