2015.04.03

【J1・1st第4節予想スタメン 浦和vs松本】リーグ戦無敗で首位に立つ浦和、“策略家”反町監督率いる松本を攻略できるか

今季リーグ戦3試合を終え、2勝1分で首位に立つ浦和 [写真]=Getty Images

浦和レッズ 興梠のコンディション面に不安、ズラタンの活躍が勝利のカギに

 J1初昇格の松本をホームに迎える浦和。リーグ戦ではもちろん初対戦となるが、両者はかつて一度だけ相見えたことがある。2009年の天皇杯2回戦、当時はJ2よりも下部リーグの地域リーグに所属していた松本に対して、浦和はまさかの黒星を喫し、歴史に残るジャイアントキリングの屈辱にまみれた。松本はこの大金星がサポーター増加の起爆剤となり、トントン拍子で強くなっていった。この一戦にかける松本のモチベーションは並々ならぬものがあるはずだ。

 故障で離脱していた宇賀神友弥が今週の練習で復帰したのは朗報。左右どちらのウイングバックでもプレーできる背番号3の存在は指揮官にとっても大きいはずだ。武藤雄樹がけがから戻ってきたのも心強い。一方で、今週の練習で興梠慎三が接触プレーで負傷し、その後別メニューとなっていたのは気掛かり。興梠欠場の場合はズラタンのボールキープ力が試合の流れを左右しそうだ。

 松本の反町康治監督は対戦相手を徹底的に研究する策略家だ。浦和の長所を消し、弱点を巧みに狙ってくるだろう。また、松本のストロングポイントであるセットプレーは、浦和のウィークポイントでもある。今季はセットプレーでの失点が目立つだけに、これまで以上に集中して戦う必要がある。(totoONE編集部)

■浦和予想スタメン
3-4-2-1
GK
西川周作
DF
森脇良太
那須大亮
槙野智章
MF
関根貴大
柏木陽介
阿部勇樹
宇賀神友弥
梅崎司
高木俊幸
FW
ズラタン

松本山雅FC 浦和戦は3-5-2を採用して中央の守備を固める可能性も

 前節に清水を1-0で下した松本。J1で初めて勝ち点3を挙げたのはもちろん、「90分間ハードワークを続ければ勝ち点を拾える」という手応えを得たことが、チームに計り知れない好影響を与えている。FC東京を迎えた1週間後のナビスコ杯はドローだったが、相手の日本代表組が不在だったことを差し引いても、手応えをさらに深める好内容。J屈指のビッグクラブ、浦和との大一番に勢い良く乗り込めるだけの、十分な助走をつけたと言える。

 ただ、全てが順風満帆ではない。FC東京戦の前半にボランチの喜山康平が右足首を捻挫。後半からは大卒1年目の柴田隆太朗が代役を務めた。浦和戦でも引き続き柴田を使う可能性は高いが、セットプレーの守備などに難を残すため、起用は不透明。その他の代役候補は2列目から岩上祐三か、左ワイドから岩沼俊介をそれぞれ充てる苦肉の策だ。新ブラジル人選手、ドリバのボランチ起用が難しいと判断された現在、ボランチは最も選手層が薄い急所。それが早くも顕在化した。

 だが、弱点を覆い隠しつつ、浦和とのかみ合わせにもフィットしそうな道がある。危機察知能力に長けた岩間雄大をアンカーに置き、中盤の中央で逆三角形をつくる3-5-2の採用だ。実際に反町康治監督は、非公開練習内の紅白戦でその陣形を試したと明言。主力の大半が“完全アウェー”の埼玉スタジアムでのプレー経験がないことも加味すれば、中央を締めて守備的に入る可能性は十分ある。(長谷川遼介)

■松本予想スタメン
3-5-2
GK
村山智彦
DF
飯田真輝
後藤圭太
酒井隆介
MF
田中隼磨
岩上祐三
岩間雄大
柴田隆太朗
岩沼俊介
FW
オビナ
池元友樹

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る