2015.03.21

【J1第3節予想スタメン 新潟vs柏】新たに取り組む“攻撃的サッカー”がチームに浸透…今季無敗の柏が敵地で新潟と対戦

今季公式戦で無敗を維持し、勢いに乗る柏 [写真]=Getty Images

■アルビレックス新潟 黒星を喫したFC東京戦では今後につながる収穫も

 18日のナビスコ杯FC東京戦は、開始2分に右サイドをコンビネーションで崩し、折り返しを山本康裕があわせて先制。しかし、リーグ開幕戦の鳥栖戦に続き、逆転負けを喫した。新潟加入後、初先発となった山崎亮平は「すぐに柏戦が来る。切り替えないと」と前を向く。だが、公式戦ここまで3戦未勝利。チームは上昇気流に乗ることができないでいる。

 気になるのはFC東京戦で大井健太郎、鳥栖戦では大野和成と、CBがPKを簡単に与えていることだ。FC東京戦後、柳下正明監督は「またゴールをプレゼントしてしまった」と苦い表情だったが、監督が常々求めている正しいポジションからの守備を、柏戦までに回復できるか。舞行龍ジェームズが負傷離脱中とあって、大井、大野のCBコンビの奮起が待たれる。

 逆転負けしたFC東京戦には、今後につながる収穫もあった。川口尚紀、前野貴徳と今季初出場、初先発の両サイドバックが攻撃の起点となる好プレーを見せたこともその一つ。川口は連係で深くえぐってからの右クロスで先制アシスト、前野はアーリークロスを数多く供給し、攻撃にリズムをもたらせた。サイドから攻めるのは、チームの大きな狙いでもある。さらに初先発となった山崎もフル出場し、チャンスメーク、フィニッシュに奔走。高い技術と戦術眼でアクセント以上の役割を果たした。

 公式戦3試合でフィールドプレーヤーのほぼ全員を起用した柳下監督は、“継続”をキーワードに柏戦での初勝利を目指す。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
守田達弥
DF
小泉慶
大井健太郎
大野和成
コルテース
MF
平松宗
レオ・シルバ
小林裕紀
山本康裕
FW
ラファエル・シルバ
田中達也

■柏レイソル 新たに取り組む攻撃的サッカーが徐々に浸透

 日本勢がACLの戦いに苦しむ中、柏は中国の山東魯能を、後半アディショナルタイムの輪湖直樹の決勝弾で下し、グループリーグ突破に王手をかけた。また、その劇的な勝ち方から俄然ムードは高まっている。柏はこれで、ACLとJリーグを含めた公式戦で4勝2分と負けなし。今季から取り組む“ボールとスペースを支配する攻撃的なサッカー”は徐々にチームに浸透しており、「結果が出ているということは方向性が間違っていないということ」(工藤壮人)と選手たちも手応えをつかんでいる様子だ。

 ただ、そのACLの大激闘から中4日、選手たちのコンディションが気になるところである。さらに今季ACLのプレーオフから守備陣のリーダーとしてチームを引っ張ってきた増嶋竜也が、前節の仙台戦で左ひざ前十字靱帯損傷、全治約7カ月の重傷を負って戦列を離れるのは痛手以外のなにものでもない。

 また、前節の仙台戦は、相手を終始押し込む攻撃の圧力は見せたものの、引いた仙台の守備攻略に手を焼き、勝ち点1を獲得するにとどまった。引いた相手をどう崩すかという課題を露呈したが、その一方ですぐさまその課題を修正し、ACLの山東魯能戦では多彩な攻撃を見せてチームとして攻撃の幅を広げた印象を受ける。

 今節対戦する新潟もハードワークを怠らない相手だけに、スペースを消された場合にどう打開するか。そこが今節の大きなテーマとなりそうだ。(鈴木潤)

■柏予想スタメン
4-3-3
GK
菅野孝憲
DF
キム・チャンス
鈴木大輔
エドゥアルド
輪湖直樹
MF
武富孝介
茨田陽生
大谷秀和
FW
工藤壮人
レアンドロ
大津祐樹

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る