2015.03.13

【J1第2節予想スタメン 松本vs広島】本拠地初のJ1リーグ戦に臨む松本、“聖地”アルウィンで歴史的勝利を狙う

開幕戦で白星を逃した松本が本拠地で歴史的勝利を狙う [写真]=Getty Images

松本山雅FC 本拠地で初のJ1リーグ戦、サポーターとともに歴史的勝利を狙う



 松本のJ1初陣は名古屋とドロー。3得点を挙げた手応えと、3失点を喫した悔しさが混在する開幕戦となった。だが、先行するのは悔しさだ。76分に3-1とリードを広げたが、以降の4分間で連続失点。田中マルクス闘莉王ノヴァコヴィッチ川又堅碁を前線に上げた立体的な攻めに屈し、試合運びの未熟さも露呈した。

 今節で対戦する広島は組織立った緩急自在の攻撃を繰り出すため、松本は平面で対応し切れるかどうかがポイント。ビルドアップの段階で絡むのか、スイッチを入れる縦パスを狙うのか、両サイドを捨ててゴール前を固めるのか。チームとして統一感を持ちながら粘り強く耐えることが大前提で、ましてや早い時間帯での失点はご法度だ。一方の攻撃は、奪っては素早く蹴り出す――の繰り返しから光明を見出すしかない。そこからセットプレーを得られたらチャンスだ。松本は先発が見込まれる選手のうち、飯田真輝らフィールドプレーヤー4人が180センチ超。広島がドウグラス皆川佑介を起用しない限り、高さで上回れる組み合わせもある。CKから2点を挙げた前節のように、岩上祐三のプレースキックやロングスローから得点できれば、金星への道筋は見えてくるだろう。

 今週は岩沼俊介が別メニュー調整の上、寒波の影響で練習を一部短縮するなど不安も残る。だが、今節は本拠地アルウィンで行う初のJ1ホームゲーム。サポーターの期待に応えたいという意地も、選手の背中を押すだろう。(長谷川遼介)

■松本予想スタメン
3-4-2-1
GK
村山智彦
DF
飯田真輝
後藤圭太
酒井隆介
DF
田中隼磨
岩間雄大
喜山康平
岩沼俊介
岩上祐三
池元友樹
FW
オビナ

サンフレッチェ広島 アタッカー陣が紅白戦で好パフォーマンスを披露、チーム内競争の激化は好材料

 開幕戦でほぼ完璧な試合内容を見せつけ、苦手甲府を打倒。結果が一つ出たことで、練習の雰囲気がさらに活性化されている。木曜日、U-22代表組が戻ってきた練習でも、紅白戦で佐藤寿人浅野拓磨野津田岳人ドウグラスら前線の選手たちがゴールを決め、森崎浩司も決定的なパスを連発。日本代表経験のある皆川佑介ですら紅白戦の1本目に出られないほどの競争激化は、好材料だ。

 とはいえ、甲府戦では課題も露呈している。圧倒的にサイドを支配したのだが、決定機に結びついたシーンがほとんどない。中央の守備を締めてくることが予想される相手だけにサイド攻撃をいかに機能させるか、そこが大きなポイントとなる。

 広島にとって厄介なのは、初戦で名古屋と引き分けた松本の勢いだけではない。日本でも屈指の熱さを誇るアルウィンが問題だ。クラブ史上初のJ1ホーム戦を迎えるということでサポーターのボルテージも熱く、さらに3月14日は故松田直樹さんの誕生日でもあり、特別なモチベーションが加わる。19時キックオフということで強烈な寒さも予想され、「スタジアムがもう一つの対戦相手」と言うこともできよう。

 ただ、アルウィンは広島にとって好相性とも言える。2001年5月26日、スタジアムこけら落としの試合に招待され、2-1で福岡に快勝。森保一監督や下田崇コーチも選手として出場して勝利に貢献している。この事実をポジティブにとらえたい。(紫熊倶楽部 中野和也)

■広島予想スタメン
3-4-2-1
GK
林卓人
DF
塩谷司
千葉和彦
水本裕貴
MF
ミキッチ
青山敏弘
森崎和幸
柏好文
森崎浩司
浅野拓磨
FW
佐藤寿人

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
フライブルク
3pt
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
マジョルカ
3pt
アスレティック・ビルバオ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
48pt
鹿島アントラーズ
44pt
川崎F
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
58pt
京都
51pt
大宮
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
37pt
群馬
35pt
熊本
35pt
Jリーグ順位をもっと見る