2015.03.13

【J1第2節予想スタメン 浦和vs山形】開幕戦で今季初白星を挙げた浦和、本拠地で連勝なるか

湘南戦で今季初白星を挙げた浦和 [写真]=Getty Images

浦和レッズ 湘南戦で今季公式戦初白星をマーク、ホームで連勝を狙う



 浦和はシーズン開幕となった2月25日のACL水原三星戦を逆転負けで落とし、続くゼロックス・スーパーカップではG大阪に停滞感漂う内容で敗れると、さらにホーム初ゲームとなったACLブリスベン・ロアー戦でも敗戦。公式戦3連敗を喫した。

 リーグ終盤の失速でタイトルを逃した昨年の失望感に、今シーズンのスタートダッシュ失敗による落胆が相まって、チームには重苦しい雰囲気が漂っていたが、リーグ開幕戦となった7日の湘南とのアウェーマッチで今季初勝利を収めたことで、とりあえず悪い流れを一旦止めることはできた。また、水原三星戦からずっと週2試合という過密日程が続いていたが、湘南戦から今回の山形戦までは中6日であったため、落ち着いて準備することができたのも大きい。

 湘南戦では興梠慎三が首に痛みを抱えながらプレーし、ゴールを決めた際には鼻骨を折るなどして前半のみで交代。同選手の状態が心配されたが、12日には全体練習に合流。コンディションを含めて万全の状態とは言えないものの、とりあえず動ける状態にはある。一方で、右ひざ痛の李忠成、太ももの張りを訴えていたズラタンは12日の練習も別メニュー。永田充も全体練習には加わっていなかった。

 ペトロヴィッチ監督は守備陣などの一部選手を除いてターンオーバー制を敷き、選手たちのコンディションに配慮する戦いをしている。ただ、新加入選手も多いため、メンバーの頻繁な入れ替えはコンビネーションの練度を下げるという側面もある。また、山形戦では中2日で控える17日のACL北京国安戦も見据えながら先発メンバーを決めなければならないという難しさもある。(totoONE編集部)

■浦和予想スタメン
3-4-2-1
GK
西川周作
DF
森脇良太
那須大亮
槙野智章
MF
梅崎司
青木拓矢
阿部勇樹
宇賀神友弥
武藤雄樹
高木俊幸
FW
石原直樹

モンテディオ山形 前節はダービーで敗戦、持ち前のプレスがうまく掛からず

 仙台との“みちのくダービー”となった開幕戦は、63分に相手が一人少なくなったにも関わらず、それ以降に失点して敗戦。内容的にも、持ち味である前からのプレスがしっかりと掛からず守備に追われ、J1の厳しさを身を持って感じる試合となった。

 気持ちを切り替えて臨む第2節の相手は浦和。埼玉スタジアムは、仙台のユアスタにも増してアウェー感満載になることは必至だ。しかし、山形の選手たちはJ1ならではの最高の雰囲気を楽しみにしている。タレント揃いのビッグクラブを相手に無心でぶつかり、勝ち点奪取を狙う。

 ただ、悩みの種は続出する負傷者である。仙台戦で山田拓巳が全治8週間のけがを負ってチームを離脱。打撲の痛みを抱えていた渡辺広大も、仙台戦の強行出場の影響か、次節の出場は難しそうだ。替わって右WBには宇佐美宏和、CBには西河翔吾が起用される見込み。守りの時間が長くなるであろう浦和戦で、山形デビューとなる宇佐美の守備力が活きるか。

 苦しい戦いとなるのは確実だが、この一戦を前に石﨑信弘監督は3ボランチのフォーメーションを試している。前節出場の宮阪政樹アルセウに加え、運動量のある“ミスター・セカンドボール”松岡亮輔を入れ、中盤から前への推進力を増強する。また、キャンプ中に負傷していた川西翔太が復帰。前でタメをつくれる川西は攻守の切り替えのスイッチとなれる存在だけに、彼の復帰はチームにとって明るい材料だ。(totoONE編集部)

■山形予想スタメン
3-5-2
GK
山岸範宏
DF
當間建文
西河翔吾
石川竜也
MF
宇佐美宏和
アルセウ
キム・ボムヨン
松岡亮輔
宮阪政樹
FW
ディエゴ
山崎雅人

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
3pt
マンチェスター・U
3pt
リヴァプール
3pt
欧州順位をもっと見る
ヘルタ・ベルリン
1pt
バイエルン
1pt
ケルン
0pt
欧州順位をもっと見る
アスレティック・ビルバオ
3pt
アラベス
0pt
アトレティコ・マドリード
0pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
48pt
鹿島アントラーズ
44pt
川崎F
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
58pt
京都
51pt
大宮
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
37pt
群馬
35pt
熊本
35pt
Jリーグ順位をもっと見る