2015.03.13

【J1第2節予想スタメン 新潟vs清水】開幕戦は3ゴールで鹿島を撃破、勢いに乗る清水が新潟に挑む

勢いに乗る清水が敵地での新潟戦に臨む [写真]=Getty Images

アルビレックス新潟 本拠地開幕戦でプレッシングサッカーを表現できるか



 開幕戦は「新10番」の期待に応えるラファエル・シルバのゴールで先制しながら、悔しい逆転負けを喫した。鳥栖の徹底したロングボール攻勢に加え、ボールが走らないピッチコンディションもあって、新潟もロングボールでの応戦を強いられた。互いに中盤を省略するような展開に、狙いとするハイプレスは空転。シュートも4本にとどまり、チャンスメークにも課題が残った。

 新加入の左サイドバック、コルテースは「今週の練習ではサイドから攻めることの重要性を確認し合った。次はホーム。自分たちのサッカーをしなければ」と巻き返しを誓う。いわば「よそ行きのサッカー」で開幕戦は敗れた。勝手知ったるホームで、キャンプから取り組んできた切り替えの素早いプレッシングサッカーを表現できるか。

 練習で好調をキープしている田中達也に出番があれば、清水の守備陣形を揺さぶるような動きに期待したい。動き出しの良さをどこまで生かせるか、周囲との連係に注目だ。シュートフィーリングがかなり良好な点も頼もしいところ。

 前節、負傷した舞行龍ジェームズに代わり、センターバックは大野和成の先発が濃厚。鳥栖戦でPKを与えた悔しさをバネに、堅守で初勝利に貢献しようと意気込んでいる。

 今週の新潟は真冬に逆戻りしたかのような荒天となり、調整不足の感は否めない。そんな不安を吹き飛ばすタフさを示したい。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
守田達弥
DF
小泉慶
大井健太郎
大野和成
コルテース
MF
平松宗
レオ・シルバ
小林裕紀
山本康裕
FW
ラファエル・シルバ
田中達也

清水エスパルス 開幕戦で鹿島を撃破、主軸が期待に応える

 開幕戦では鹿島を3-1で倒し、最高のスタートを切った清水。大前元紀が2ゴールを決め、新キャプテンの本田拓也も得点をマーク。スーパーサブからスタメンに変わった村田和哉が2アシストと、期待された選手がきっちりと仕事したことも大きな収穫だった。あとは、開幕戦ではつぶれ役が多かった長沢駿や、調子が上がってきた2人の外国籍FWにゴールが生まれれば、さらに波に乗れるはずだ。

 また、3得点のうち2点は高い位置でボールを奪ってからの速攻によるゴールで、これも狙い通り。守備でも粘り強く守ることができたことを考えると、アウェーでの今節もこの流れを継続したいと考えるのが普通だ。つまりスタメンも含めて、ある程度守備から入る戦い方に大きな変化はないと予想できる。そして、勝負どころでピーター・ウタカやミッチェル・デュークを投入し、ゴールを狙いにいくというプランもある。つまらない失点さえなければ勝機は十分にあるだろう。ただ、ウタカやデュークが入ると守備のバランスや連係が微妙に崩れる可能性もあり、実際に開幕戦でもそれが失点につながっている。そのため、彼らの使い方や投入する時間帯には難しい面もある。

 さらに、カウンター対応という面ではまだ盤石とは言えない。新潟も高い位置でボールを奪ってショートカウンターという形を狙ってくることが想定され、守備の要である平岡康裕が前節で左太ももを打撲したのも不安要素の一つ。悪いボールの奪われ方をする回数が増えると、勝ち点を持ち帰ることも難しくなるだろう。(前島芳雄)

■清水予想スタメン
4-2-3-1
GK
櫛引政敏
DF
三浦弦太
ヤコヴィッチ
平岡康裕
犬飼智也
MF
本田拓也
八反田康平
村田和哉
大前元紀
竹内涼
FW
長沢駿

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
フライブルク
3pt
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
マジョルカ
3pt
アスレティック・ビルバオ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
48pt
鹿島アントラーズ
44pt
川崎F
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
58pt
京都
51pt
大宮
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
37pt
群馬
35pt
熊本
35pt
Jリーグ順位をもっと見る