FOLLOW US

J1・1st第1節、走行距離1位は兵藤、スプリント数1位は菅井

J1・1st第1節の走行距離トップに輝いた横浜FMの兵藤慎剛 [写真]=Getty Images

 Jリーグは8日、今季より導入したトラッキングシステムのデータを元に、明治安田生命J1ファーストステージ第1節の走行距離とスプリント回数のデータを発表した。

 クラブ別の走行距離でトップに立ったのは横浜F・マリノスで、総走行距離は120.38kmを記録している。一方、走行距離が最も少なかったのは名古屋グランパスで102.16Kmだった。

 選手別で走行距離が最も長かったのは、横浜F・マリノスに所属するMF兵藤慎剛で13.05kmを記録。続いて2位にランクインしたのは、FC東京に所属するFW前田遼一で12.40km。3位は横浜FMのMF藤本淳吾で、12.30kmを走っている。

 続いて、選手別のスプリント回数(時速24km/h以上)でトップに立ったのは、ベガルタ仙台のMF菅井直樹で36回をマークした。2位には35回を記録したモンテディオ山形所属のMFキム・ボムヨンがランクイン。3位は清水エスパルスに所属するMF村田和哉で、33回を記録した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO