2015.02.20

三冠王者G大阪の新シーズン展望…遠藤「新たな決意でタイトルに向かう」

タイトルへの決意を語った遠藤[写真]=GAMBA OSAKA

 2年ぶりのJ1復帰を果たした昨シーズン。ガンバ大阪は前人未踏の『J1復帰イヤーにおける三冠』を達成した。

『1冠目』のタイトルは、11月8日のヤマザキナビスコカップ。このサンフレッチェ広島戦を0−2からの逆転劇で勝利すると、J1リーグでは首位を走る浦和レッズが足踏みを続ける中で快進撃を続け、最終節を前にシーズン初の首位に浮上。最終節では徳島ヴォルティスを相手に手堅く勝ち点1を引き寄せて『2冠目』をものに。その翌週には、天皇杯決勝の舞台でモンテディオ山形を下し、『3冠目』を奪取した。

 その躍進が評価され、JリーグベストイレブンにはキャプテンのMF遠藤保仁を筆頭に、FW宇佐美貴史、FWパトリックの3選手が選出。加えて、遠藤はプロ17年目にして自身初となるMVPにも輝き、「来年は35歳になりますが、サッカーは年齢ではない、ということを証明し続けたい」と笑顔をこぼした。

 その喜びから約1カ月を経て、G大阪は沖縄キャンプから新シーズンをスタートさせた。指揮を執るのはもちろん、3冠達成の立役者、長谷川健太監督だ。新加入選手は移籍組が3人に留まったことから、選手の顔ぶれにも大きく変化はなく、「基本的には、昨年の戦いをベースに、すべてのプレーの質、量を増やすことでチーム力アップを目指す」と長谷川監督。それは3年目のキャプテンを預かる大黒柱、遠藤も同じで「個のレベル向上が、昨年以上の結果につながる」と語気を強める。

「選手の顔ぶれも、サッカーのスタイルも変わらないとなれば、当然、相手チームはガンバのサッカーに対応しやすくなる。それを上回るためにも、監督の理想とするサッカーを選手の個性、特徴でどんどん肉付けしながら昨年以上の結果を求めたい」(遠藤)

 目標は、昨年の結果を大きく上回る全タイトル制覇。今年は昨年タイトルを手にした3大会以外にも、ゼロックススーパーカップやスルガチャンピオンシップ、そしてAFCチャンピオンズリーグも待ち受けるが、「昨年同様、あくまで一つひとつ、目の前の試合を真摯に戦っていく」と遠藤。その上で目標を実現する決意だ。

「タイトルを獲った喜びをたくさん味わったことで、選手の誰もが『もっとタイトルを獲りたい』という思いを強めたはず。ただ、だからといって昨年、タイトルを獲ったイメージを持ち続けてもいけない。なぜなら、戦いを進めていく上で『去年はできたのに、なぜ今年はできないの?』って考えが生まれたり、『タイトル』への理想が先行してしまうから。そうではなく一つずつ。今年はまた新たな決意で、タイトルに向かいたい」(遠藤)

 その第一歩を踏み出すべく、G大阪は2月24日、今シーズン初の公式戦、ACLグループリーグ第1節・広州富力戦に臨み、その4日後にゼロックススーパーカップを、さらにに3月3日にはACLのグループリーグ第2節・城南FC戦を戦ったあと、3月7日J1リーグ1stステージの開幕を迎える。チャンピオンチームだけに与えられる栄誉、右腕にゴールドのJリーグワッペンを輝かせながら、どのような2015年のスタートを切るのか。ぜひ、その姿をスタジアムで確認してほしい。

文=高村美砂

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る