FOLLOW US

奥大介追悼試合開催…発起人のカズ「楽しむプレーが大介に届けば」

横浜フレンズの一員としてプレーした三浦知良 [写真]=Getty Images

 18日、昨年10月に交通事故で急逝した元日本代表MF奥大介氏の追悼試合がヤマハスタジアムで開催。ジュビロ磐田や日本代表時代のチームメートによるJアミーゴスと、横浜F・マリノス横浜FCでともにプレーしたメンバーによる横浜フレンズが対戦した。試合は、Jアミーゴスが名波浩氏や高原直泰などの得点により4-2で勝利した。

 名波氏や横浜FMの中澤佑二とともに、発起人として試合開催を手掛けた横浜FC三浦知良は、「大介はサッカーを楽しみ、技術を駆使した本当におもしろい選手だったので、できるだけ僕らも今日は楽しくプレーをしたいと思っていましたし、楽しむプレーが大介に届けばいいなという気持ちでプレーしました」と試合を振り返った。

 三浦と奥氏は、横浜FCで1年間チームメートとしてプレー。「選手だけでなく上の人間からもすごい可愛がられていて、そういう人たちも大介のために何かできないかと相談に来てくれた。そして、ジュビロやマリノスの人に声を掛けて、名波が中心になって準備をしてくれた」と開催に至った経緯を説明し、「大介もこのメンバーとプレーしたかったんじゃないですか。素晴らしい人がこれだけ集まったので」と思いを馳せた。

 また、今後の展望について問われると、「試合前に円陣を組んだ時に、『大介のために全力で、今の自分のベストを尽くしてやろう』と話をして、サッカーの力で一つになるというのを感じました。自分はこれからもピッチの上でやっていこうと思います」と、現役へのこだわりを語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO