FOLLOW US

元代表MF水野晃樹が古巣の千葉に復帰「やっと家に帰ってこれた」

千葉への復帰が決まった水野(左) [写真]=Getty Images

 ジェフユナイテッド千葉は29日、ヴァンフォーレ甲府から元日本代表MF水野晃樹が完全移籍で加入すると発表した。

 水野は2004年に市原(現・千葉)に加入し、2005年と2006年にナビスコカップ連覇を経験。チームの主力として活躍すると、2007年には日本代表に選出され、3月に行われたペルー代表戦でデビューを果たした。その後、2008年にセルティックへ移籍し、2010年7月からは柏レイソルでプレー。甲府には2013年に加入したが、今シーズン限りで契約満了となっていた。

 千葉への復帰に際し、水野はクラブ公式HPで次のようにコメントしている。

「初めまして。この度ジェフ千葉に加入することになった水野晃樹です。またサッカーをできる環境を与えてもらえて本当に感謝し嬉しく思います。そしてやっと家に帰ってこれた気がします。家を出るときハッキリとこの家に帰りたいと言ったにもかかわらず、いろんな状況、タイミングが合わず寄り道をしてきてしまいました。が、それでもこうして帰って来ることができたこと心の底からクラブに感謝します。それと同時に強い責任感を持って帰ってきました。J1の舞台に中々上がれず苦しんでいる姿をずっとみていたので自分は1年でJ1に上げるためピッチ内外関わらず貢献していきたいと思います。ジェフはJ1にいなければいけないチームです。スタジアム、クラブハウス、練習場、サポーターどれをとっても一流です。責任感はもちろん、気持ち、プレー、全て皆が1つになり昇格に向けて一戦一戦、戦っていきましょう。受け入れがたいサポーターの方々もいるとは思いますが、自分の家に帰ってこれたという気持ちでのびのびプレーできると信じています。これから共に戦い共に喜び合いましょう! WIN BY ALL!」

 また、甲府の公式HPでは以下のように述べた。

「ジェフ千葉への移籍が決まりました。自分は怪我で貢献できませんでしたがチームは幸いにもJ1、3季連続でプレーできるという新たな歴史も出来ましたので、次はJ2からJ1に昇格できるよう頑張ってきます。早く千葉で甲府相手にプレー出来るよう全力で責任持って頑張ってきます。自分はいつまでも甲府を愛してます。今までありがとう。頑張れ甲府、そして、俺」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA