2014.12.06

G大阪がJ1昇格年に優勝、大宮は最終節勝利するもJ2降格決定/J1第34 節

ガンバ大阪
2014シーズンのJ1優勝を手にしたガンバ大阪 [写真]=Getty Images

 J1最終節が6日に各地で行われた。

 優勝争いをする2位の浦和レッズはホームで名古屋グランパスをホームに迎えて対戦した。浦和は開始早々の2分に槙野智章がCKから先制するが、後半に入って72分に名古屋の牟田雄祐に同点弾、さらに89分に永井謙佑に逆転弾を許して、浦和は1-2で名古屋に痛恨の逆転負けを喫した。

 3位の鹿島アントラーズはホームでサガン鳥栖と対戦。優勝に望みをつなぐため勝利が欲しい鹿島だったが、6分に鳥栖の高橋義希に先制点を奪われると、これが決勝点となり0-1で敗戦した。一方のガンバ大阪は、アウェイで最下位の徳島ヴォルティスと対戦しスコアレスドローで終了。しかし2位浦和と3位鹿島がともに負けたため、G大阪が9年ぶり2度目の優勝を決めた。2011年の柏レイソル以来となるJ1昇格年のリーグ制覇を達成している。

 残留争いをする16位の大宮アルディージャは、すでに降格を決めているセレッソ大阪とホームで対戦。21分に金澤慎が先制弾を決めると、50分にドラガン・ムルジャが追加点で2-0で勝利し、残留に望みをつないだ。しかし、一方の15位清水エスパルスが、ヴァンフォーレ甲府と対戦し、スコアレスドローに終わるも、勝ち点を1伸ばし15位を確定。この結果、清水の残留が決定し、大宮のJ2降格が決まった。

 なお、アルビレックス新潟と柏の対戦は、大雪の影響で開催中止が決定、代替日は決定次第発表される。

■J1第34節結果
鹿島 0-1 鳥栖
浦和 1-2 名古屋
大宮 2-0 C大阪
FC東京 1-1 横浜FM
清水 0-0 甲府
神戸 1-2 川崎
広島 2-0 仙台
徳島 0-0 G大阪
新潟 vs 柏 ※大雪で中止

■J1第34節順位表(暫定)
1位 G大阪(勝ち点63/得失点差28)※来季ACL出場決定
2位 浦和(勝ち点62/得失点差20)※来季ACL出場決定
3位 鹿島(勝ち点60/得失点差25)
4位 鳥栖(勝ち点60/得失点差8)
5位 柏(勝ち点57/得失点差6)※1試合未消化
6位 川崎(勝ち点55/得失点差13)
7位 横浜FM(勝ち点51/得失点差8)
8位 広島(勝ち点50/得失点差7)
9位 FC東京(勝ち点48/得失点差14)
10位 名古屋(勝ち点48/得失点差-1)
11位 神戸(勝ち点45/得失点差-1)
12位 新潟(勝ち点44/得失点差-4)※1試合未消化
13位 甲府(勝ち点41/得失点差-4)
14位 仙台(勝ち点38/得失点差-15)
15位 清水(勝ち点36/得失点差-18)
16位 大宮(勝ち点35/得失点差-16)※J2降格決定
17位 C大阪(勝ち点31/得失点差-12)※J2降格決定
18位 徳島(勝ち点14/得失点差-58)※J2降格決定

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る