FOLLOW US

岡山のGK真子秀徳が現役引退…育成コーチに就任

 ファジアーノ岡山は5日、GK真子秀徳が今季限りで現役引退し、育成コーチに就任することを発表した。

 真子は引退の際、以下のようにコメントしている。

「今シーズンを限りで、引退することにいたしました。ファジアーノ岡山がJリーグに昇格した2009年に加入し、チームが成長していく中に自分がいられたことを嬉しく思います。ファン、サポーター、クラブスタッフの皆さん、そして家族のおかげで、これまで選手生活を続けてこられました。今後は、ファジアーノ岡山育成コーチとして、一人でも多くのプロ選手を輩出していけるよう頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いします。6年間、本当にありがとうございました」

 32歳の真子は、福岡教育大学から2005年に佐川急便大阪SCに加入。SAGAWA SHIGA FCを経て、2009年から岡山に在籍していた。なお、今季のJ2では3試合に出場していた。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA