2014.11.29

仙台の残留が確定…残る降格枠は大宮か清水に/J1第33節

 J1第33節が29日に各地で行われた。

 残留圏内の15位に位置する清水エスパルスは、アウェーで5位の柏レイソルと対戦。開始早々の10分、柏FWレアンドロに先制を許すと、38分、62分にはドゥドゥが追加点を挙げ、柏がリードを広げる。清水の反撃は81分にFW長沢駿が1点を返すのみにとどまり、1-3で敗れた。

 残留圏と勝ち点3差の16位大宮アルディージャは、アウェーで名古屋グランパスと対戦した。試合は6分、永井謙佑の得点で名古屋が先制するも、50分に橋本晃司のゴールで大宮が同点に追いつく。このまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイム、名古屋は交代出場した直後のMF小川佳純が値千金の決勝ゴールを決め、勝ち越しに成功。大宮は1-2で敗れ、自力での残留の可能性が消えた。

 14位のベガルタ仙台は、ホームで最下位の徳島ヴォルティスと対戦。仙台は5分、太田吉彰が先制し、58分には菅井直樹が追加点を挙げる。77分に1点返されるもリードを守りきり、2-1で勝利。同時刻に試合を行っていた16位大宮が敗れたため、仙台のJ1残留が確定した。

 今節、鹿島アントラーズに敗れた17位セレッソ大阪の降格が決定したため、残る降格は1枠、清水と大宮のみの争いとなった。最終節である次節、清水はヴァンフォーレ甲府と、大宮はC大阪とそれぞれホームで対戦する。
 
 J1第33節の結果、順位表および次節の対戦カードは以下のとおり。

■J1第33節結果
柏 3-1 清水
川崎 1-1 広島
G大阪 3-1 神戸
C大阪 1-4 鹿島
鳥栖 1-1 浦和
仙台 2-1 徳島
横浜FM 1-0 新潟
甲府 0-0 FC東京
名古屋 2-1 大宮

■J1第33節順位表
1位 G大阪(勝ち点62/得失点差28)※来季ACL出場決定
2位 浦和(勝ち点62/得失点差21)※来季ACL出場決定
3位 鹿島(勝ち点60/得失点差26)
4位 鳥栖(勝ち点57/得失点差7)
5位 柏(勝ち点57/得失点差6)
6位 川崎(勝ち点52/得失点差12)
7位 横浜FM(勝ち点50/得失点差8)
8位 FC東京(勝ち点47/得失点差14)
9位 広島(勝ち点47/得失点差5)
10位 神戸(勝ち点45/得失点差0)
11位 名古屋(勝ち点45/得失点差-2)
12位 新潟(勝ち点44/得失点差-4)
13位 甲府(勝ち点40/得失点差-4)
14位 仙台(勝ち点38/得失点差-13)
15位 清水(勝ち点35/得失点差-18)
16位 大宮(勝ち点32/得失点差-18)
17位 C大阪(勝ち点31/得失点差-10)※J2降格決定
18位 徳島(勝ち点13/得失点差-58)※J2降格決定

■J1第34節(最終節)対戦カード(12月6日開催)
鹿島 vs 鳥栖
浦和 vs 名古屋
大宮 vs C大阪
FC東京 vs 横浜FM
新潟 vs 柏
清水 vs 甲府
神戸 vs 川崎
広島 vs 仙台
徳島 vs G大阪

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る