2014.11.29

宇佐美、圧巻の2G1A…快勝のG大阪が得失点差で首位に浮上

ガンバ大阪
勝利を喜ぶG大阪の選手たち [写真]=白井誠二

 J1第33節が29日に各地で行われ、2位のガンバ大阪と10位のヴィッセル神戸が対戦した。

 残り2節となったJ1で、首位の浦和レッズを勝ち点2差で追うガンバ大阪は、今野泰幸、遠藤保仁、宇佐美貴史、パトリックらが先発。逆転優勝を目指す中、ホームでの一戦に臨んだ。

 試合は立ち上がりからアウェーの神戸が積極的なプレーでG大阪ゴールに迫る。8分には森岡亮太がチャンスを迎え、ペナルティーエリア内でシュートを放ったが、東口順昭が防いだ。

 15分過ぎからはG大阪がボールを保持して主導権を握る。20分には左サイドを崩し、藤春廣輝が中央へクロスを送るが、パトリックのシュートはわずかに枠を外れた。

 さらにG大阪は31分、ペナルティーエリア手前でFKを獲得する。キッカーの遠藤が直接ゴールを狙うと徳重健太がセーブ。こぼれ球にパトリックが反応したものの、右足で放ったシュートは得点に結びつかなかった。

 スコアが動いたのは37分。G大阪はペナルティーエリア手前でパスを受けた宇佐美が左足を振り抜く。ボールはゴールに突き刺さり先制点が生まれた。勢いに乗るG大阪は43分にも、宇佐美が左サイドから中央へ絶妙なパスを通し、待ち受けていたパトリックが押し込んで追加点を奪取。2点のリードを得て試合を折り返した。

 リードを許した神戸は、後半からマルキーニョスに代えてペドロ・ジュニオールを投入し、反撃を試みる。しかし、攻撃の手を緩めないG大阪は49分、宇佐美がドリブルからシュートを決めて試合を決定付けた。

 一方、神戸は70分に右サイドのクロスから小川慶治朗のゴールで1点を返す。その後も押し込む展開が続いたが、G大阪は集中した守備で失点を許さなかった。結局、試合はこのままタイムアップ。全得点に絡んだ宇佐美の活躍により、G大阪が3-1で勝利を収めている。

 なお、同時刻に行われた試合で浦和が引き分けに終わったため、勝ち点62で並んだG大阪は得失点差で首位に浮上。優勝をかけて最終節は徳島ヴォルティスと対戦する。

【スコア】
ガンバ大阪 3-1 ヴィッセル神戸

【得点者】
1-0 37分 宇佐美貴史(ガンバ大阪)
2-0 43分 パトリック(ガンバ大阪)
3-0 49分 宇佐美貴史(ガンバ大阪)
3-1 70分 小川慶治朗(ヴィッセル神戸)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る