2014.11.21

【J1第32節予想スタメン 鹿島vs川崎】ACL出場権獲得を狙う川崎、“フリーマン”大久保の出来が勝利のカギか

インサイドハーフでの起用が予想される大久保 [写真]=Getty Images

鹿島アントラーズ 勝ち点3差の川崎と対戦、ホームでの白星は絶対条件

 3週間の中断期間を経てリーグ戦が再開する。泣いても笑っても残り3試合。天皇杯ですでに敗退していることもあり、今シーズンはその3戦に全力を尽くすことになる。

 今節の対戦相手は5位の川崎だ。両チームの勝ち点差は「3」しかなく、これを落とすと3位の座も危うくなる。最終節には現在4位の鳥栖との対戦も控えているため、ACL出場権を手に入れるためには3連勝で終わりたいところである。残す1試合も残留に向けて崖っぷちにいるC大阪が相手と、気を休められる試合は1つもない。最低でも3連勝という命題が課される状況だ。

 今節は植田直通が累積警告により出場停止となり、代役として青木剛山村和也の先発が予想される。今季の実績から考えると、序盤戦で先発していた青木がその座に付くことが濃厚と言えるだろう。

 川崎とは第13節で対戦し、昌子源植田直通の若いCBコンビで真っ向勝負を挑んだが、1-4で粉砕された。大久保嘉人らに4得点を許した試合は相手の良いところばかりが目立ち、4失点は1試合では今季最大の失点数である。そうした相手に再び昌子・植田のコンビで臨んでリベンジを果たせないのは残念だが、チームで勝利できれば借りを一つ返すことになる。昨季も等々力陸上競技場で大敗した後、カシマサッカースタジアムで大勝しているだけに、その再現を果たしたい。(totoONE編集部)

■鹿島予想スタメン
4-2-3-1
GK
曽ヶ端準
DF
西大伍
青木剛
昌子源
山本脩斗
MF
柴崎岳
小笠原満男
遠藤康
土居聖真
カイオ
FW
赤崎秀平

川崎フロンターレ 注目はインサイドハーフでの起用が予想される大久保の出来

 目標は2年連続のACL出場権獲得になったため、3位鹿島との直接対決は重要だ。

 中村憲剛小林悠は今節も欠場が濃厚だが、前節から3週間のインターバルを経て、チームは4-3-3システムを導入。インサイドハーフに大久保嘉人を起用しているのが大きな特徴で、「監督からは自由にやっていいと言われている」と本人は話す。状況次第で流動的なポジションを取るため、フリーマンという表現が近いかもしれない。「点を取るためにやっているから」と大久保。得点ランキングで豊田陽平に並ばれており、このフリーマンシステムで得点数を伸ばし、2年連続得点王といきたいところだ。

 このインターバル中にチーム内では多少の入れ替えがあった。今節は右サイドバックに武岡優斗が起用される見込み。「前にいくのが自分の持ち味」と語るように、縦の突破力に優れており、右サイドハーフで起用されるレナトとのコンビで生まれる推進力には期待が懸かる。鹿島戦における右サイドからの攻撃に注目したい。

 懸念材料として挙げられるのは守備面か。中盤3枚の形のため、アンカーである山本真希の両脇のスペースを狙われる。劣勢時における対応は、まだ整備されていないだろう。ここ2試合は逆転負けを喫しているだけに、我慢の時間をしっかりとしのぐことは、残り3戦のテーマでもある。(いしかわごう)

■川崎予想スタメン
4-3-3
GK
西部洋平
DF
武岡優斗
實藤友紀
谷口彰悟
福森晃斗
MF
大久保嘉人
山本真希
大島僚太
FW
レナト
森島康仁
登里享平

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る