2014.11.21

【J1第32節予想スタメン 清水vs名古屋】“救世主”村田を筆頭に攻撃陣が好調を維持…J1残留を目指す清水は連勝を飾れるか

第31節の川崎戦で劇的勝利を飾った清水 [写真]=Getty Images

清水エスパルス 攻撃陣は“救世主”村田を筆頭に好調を持続

 第31節川崎戦を劇的勝利で飾り、約3週間の中断期間に入った。「降格圏を脱出して、余裕を持って色々なことを考えられた」と大榎克己監督が話すように、緊張感の続く日々から少し解放され、心理面ではプラスに転じたようだ。

 ただ、前節の勝利はチームに勢いを与えたが、休みを挟んだことで影響を及ぼすかもしれない。また、この期間にようやく復帰の目途が立った長沢駿が14日の練習中に右太もも裏を負傷して再び離脱。幸い軽傷だったが、名古屋戦には間に合わない。さらに、杉山浩太藤田息吹とボランチの負傷も相次いでいる。現在アンカーを務めている本田拓也に“もしもの事”があれば、一転して危機を迎えてしまう。日程の都合上、仕方のない事とはいえ、清水にとってこの3週間はプラスにもマイナスにもなった。

 清水は中断期間で練習試合を3試合こなし、前節川崎戦で約5カ月ぶりに公式戦で先発復帰した竹内涼が2得点を挙げるなど、攻撃陣は好調を維持。さらに、終盤戦で“救世主”となっている村田和哉は、3得点2アシストととどまるところを知らない。だが、改善中の守備陣は、大学生相手に失点を重ねるなどの問題も見受けられた。

 今節の対戦相手である名古屋は、先月11日に行われた天皇杯準々決勝においてPK戦の末に勝利しており、選手たちの中でも印象は良い。残り3試合のうち、残留を争ううえで大一番となりそうな一戦で、是が非でも勝ち点3を手にしたいところだ。(田中芳樹)

■清水予想スタメン
4-1-4-1
GK
櫛引政敏
DF、
河井陽介
ヤコヴィッチ
平岡康裕
吉田豊
MF
本田拓也
大前元紀
六平光成
竹内涼
高木俊幸
FW
ノヴァコヴィッチ

名古屋グランパス 勝利のカギは攻撃陣の奮起、2トップの活躍に期待がかかる

 2週間のインターバルを経て、リーグ戦が再開。川又堅碁ら負傷を抱えてプレーしていた選手が多かった名古屋にとっては、恵みの時間となった。

 直近のリーグ戦3試合は負けていないが、そのうちの2つのドローは「勝ちきらなければいけないゲームだった」(西野朗監督)。カウンターだけに頼らずに攻撃の幅を広げ、チャンスを創出したが、決定力不足に泣いてしまった。守備は安定しているだけに状態は良い名古屋だが、その意味でもFW陣の奮起は不可欠。けがの癒えた川又、自己最多タイの2桁得点まであと1ゴールに迫っている永井謙佑の2トップに期待したい。

 清水とは前回対戦の開幕戦で惜敗し、天皇杯準々決勝でもPKの末に敗北。さらにノヴァコヴィッチは、大宮時代を含めて過去4試合で3得点を許している天敵中の天敵である。激しい残留争いを戦う清水のモチベーションの高さは、前節川崎戦の劇的勝利を見れば明らかだ。指揮官が「しっかりと目標設定をしないと話にならない」と気を引き締めるように、難しい試合を強いられることは間違いない。

 だが、一戦必勝を前提としたうえで、名古屋にも大きな目標ができた。16日に発表された、中村直志の今季限りでの現役引退。負傷していた中村は今週に復帰したばかりのため出場は微妙だが、14年も名古屋一筋を貫いた“ミスター・グランパス”と戦えるのも残り3試合である。多くの戦友の契約満了が決まった昨季と同じように、チームには強い団結心が芽生えている。(totoONE編集部)

■名古屋予想スタメン
4-4-2
GK
楢崎正剛
DF
磯村亮太
牟田雄祐
田中マルクス闘莉王
本多勇喜
MF
田鍋陵太
田口泰士
ダニルソン
矢田旭
FW
永井謙佑
川又堅碁

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る