2014.11.06

メルボルン・シティ、名古屋の豪州代表FWケネディを獲得と発表

ケネディ
メルボルン・シティがケネディの獲得を発表 [写真]=Getty Images

 メルボルン・シティは6日、名古屋グランパスのオーストラリア代表FWケネディを獲得したと発表した。契約期間は来年1月から2015-2016シーズン終了まで。

 ケネディは1982年生まれの32歳。ヴォルフスブルクやケルンなどブンデスリーガのクラブを渡り歩き、2009年6月に名古屋に加入した。翌2010年には17得点を挙げてJ1得点王を獲得。J1初制覇に貢献した。翌2011年にも得点王に輝くなど、名古屋の前線に君臨した。今シーズンは負傷の影響もあり、リーグ戦11試合出場5得点にとどまっている。キャリア通算では、J1で133試合に出場して64得点を記録。また、オーストラリア代表としても長年にわたって活躍している。

 移籍にあたり、ケネディは「海外で非常に長くプレーした後で、メルボルン・シティに加入するタイミングは正しいと思う。この新たなプロジェクトに興奮しているよ」とコメントしている。

 なお、ケネディと名古屋との契約は12月31日までとなっており、来年1月3日に行われるセントラルコースト・マリナーズ戦が最短で出場可能な試合となる。

 オーストラリア紙『ヘラルド・サン』は10月25日、現在メルボルンに所属する元スペイン代表FWダビド・ビジャのレンタル移籍加入期間が12月までであることから、同選手の穴を埋めたいとの考えでケネディの獲得を狙っていると報じていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
レアル・マドリード
45pt
アトレティコ・マドリード
44pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る