2014.10.21

9月の月間MVP発表…J1は首位猛追G大阪のFW宇佐美、J2は京都FW大黒

G大阪の宇佐美(左)と京都の大黒(右) [写真]=Getty Images

 Jリーグは21日、9月の「コカ・コーラ Jリーグ 月間MVP」受賞選手を発表した。

 J1はガンバ大阪に所属するFW宇佐美貴史、J2は京都サンガF.C.所属のFW大黒将志が9月の月間MVPを受賞した。

 宇佐美は、9月に行われた全4試合に出場し2ゴールに加えて4アシストも決めており、チームの4戦4勝に貢献。特にJ1第24節のセレッソ大阪との“大阪ダービー”では、相手チームディフェンダーが宇佐美のミドルシュートを警戒するなか、意表をつくキラーパスでMF阿部浩之の先制点をお膳立てした。「自身にマークが集まる中でチャンスメークの役割を担い、チームの躍進に大きく貢献している」と総評されている。

 大黒は9月に行われた全5試合に出場し、4ゴールをマーク。今季は37試合に出場し23得点でランキングトップを独走している。「どのゴールも美しく、月間MVPにふさわしい」と評されており、特にJ2第31節のザスパクサツ群馬戦では、後方からのパスを走りながらダイレクトボレーでゴールを決め、スキルの高さを見せた。「動き出しからボールを受けてシュートするまでの迷いのなさ、またボールに合わせる技術の巧さが目立つ」と総評されている。

 同賞は、各月のリーグ戦(J1、J2)において最も活躍した選手が表彰されるもので、サッカー専門メディアとJリーグからなる選考委員会によって選考。受賞した選手には、J1が30万円、J2が20万円の賞金が贈られる。発表は当該月の翌月に行われる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る