2014.10.17

【J1第28節予想スタメン 鳥栖vsC大阪】天皇杯敗退で今季無冠が決定したC大阪、チーム一丸でJ1残留を目指す

開幕前は優勝候補の一角と見られながら、不振により降格圏に沈むC大阪 [写真]=Getty Images

■サガン鳥栖 前節で連敗を止めた鳥栖、終盤戦の巻き返しなるか

 前節は横浜FMに勝利し、連敗をストップした鳥栖。監督交代後は思うように勝ち星を伸ばせていなかったが、これでホーム2連勝。本拠地戦に強い鳥栖というかつての姿を徐々に取り戻しつつある。今節もホームで戦えるというのは大きなアドバンテージになるだろう。

 また、横浜FM戦では吉田恵監督就任後、初めての完封を達成。負傷離脱していた菊地直哉とアジア大会に参加していたキム・ミンヒョクが復帰し、最初の試合で完封できたという点でも大きな自信になっている。

 ただ、不安材料があるとすれば守備のアプローチだろう。ハイプレスが特長の鳥栖だが、吉田監督就任後は相手に合わせて守備の形を敷く色合いが濃くなっている。ホーム連勝中はいずれも高い位置からのプレスが奏功しているが、個々の能力に優れ、パス回しに長けたC大阪に対してはブロック守備の意識を強くする可能性もある。そのケースはここまであまりうまくいっていないだけに、どちらの選択をするかはポイントになるだろう。

 また、リーグ優勝を目指していたものの、首位浦和との勝ち点差は9と厳しい状況。ACL出場権の可能性は十分に残っているが、残留争いの渦中にあるC大阪とのモチベーションの差も気になる点ではある。韓国代表に参加していたキム・ミヌが代表初ゴールを挙げ、良い精神状態で帰ってきたのは明るい材料と言えるが、逆に代表戦では2試合に出場しており、疲労も心配される。攻撃をけん引するキム・ミヌの状態も大きなポイントになりそうだ。(totoONE編集部)

■鳥栖予想スタメン
4-2-3-1
GK
林彰洋
DF
丹羽竜平
菊地直哉
キム・ミンヒョク
安田理大
MF
高橋義希
藤田直之
水沼宏太
池田圭
キム・ミヌ
FW
豊田陽平

■セレッソ大阪 鳥栖とのアウェイ戦に不安、上位撃破で降格圏脱出を狙う

 J1残留を争う清水との直接対決で痛恨の敗戦。今季最低となる17位まで順位を落としてしまった。さらには、15日の天皇杯準々決勝でも、ホーム戦だったにもかかわらず、J2の千葉に0-1と惜敗。ディエゴ・フォルラン、カカウというビッグネームが揃い踏みして試合に臨んだが、連動性を欠いて敗れ、今季残されたタイトル獲得の可能性も潰えてしまった。今はもう、J1残留という絶対目標を達成するしかない。チームとしてはとにかく1つでも多くの白星を得たいところだ。

 ただし、今節で対戦する鳥栖との相性は芳しくない。昨シーズンのJ1第30節、天皇杯4回戦、そして今季のJ1第17節と現在3連敗中。ベストアメニティスタジアムではJ1リーグ戦で未勝利となっている。J2時代から、大事なところではことごとく、鳥栖の堅守速攻に苦汁をなめてきた。

 しかし、今はそれを気にしている暇はない。今節もU-19日本代表FW南野拓実が不在、前節で退場処分となった楠神順平を欠くことになるが、その一方で丸橋祐介と長谷川アーリアジャスールは出場停止から復帰。天皇杯では途中出場となった永井龍、杉本健勇、平野甲斐が存在感を発揮しただけに、若い力を中心に大熊裕司監督の下で「走る」、「戦う」サッカーを発揮し、上位の鳥栖から勝利を収めたい。第26節浦和戦のように我慢強く守備をし、先手を取ることが絶対条件となる。(totoONE編集部)

■C大阪予想スタメン
4-4-2
GK
キム・ジンヒョン
DF
酒本憲幸
藤本康太
山下達也
丸橋祐介
MF
平野甲斐
キム・ソンジュン
扇原貴宏
長谷川アーリアジャスール
FW
杉本健勇
永井龍

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る