FOLLOW US

中村憲剛が小学生に“算数苦手”と告白…「サッカーだと緻密な計算できる」

生徒たちの前で豪快なシュートを決める川崎フロンターレのMF中村憲剛

 川崎フロンターレは30日、川崎市立柿生小学校で「第6回 ゲストティーチャー実践学習」を開催した。

 川崎は、2009年から「川崎フロンターレ算数ドリル」を作成し、市内公立小学校の6年生全生徒に配布。その教材を使用し、選手が実際にドリル内に出題されている問題をグラウンドで実践、証明するという試みで、選手との交流はもちろん、算数の実践的理解を図ることを目的としている。6回目となる今回は、ゲストティーチャーとして中村憲剛山本真希が登場した。

 6年生の3クラス合同で行われた授業では、2グループに分かれ『速さ』について学習。中村のグループは『シュートと動物の速さと比べて順位をつける』に挑戦し、実際に生徒たちとシュート速度を計測した。

 中村が自分のシュート速度に納得できず、再チャレンジする場面もあり、「あれは本気です。僕はキック力がある選手ではないけれど、時速100キロを超えて良かった」と負けず嫌いな一面を見せた。

 算数が苦手だったという中村は、「万遍なくできたほうだけど、算数だけは不得意でした。サッカーだと緻密な計算ができるんだけど」と語り、生徒には「僕は算数できないので、問題を見たけれど解けなかった。みんなは頑張って勉強してください」と伝えた。

 改めて授業を振り返ると「昔もこんな授業があったら、って思っちゃいました。僕が小学生のころ、Jリーグはなかったんですけれど、選手がきたら嬉しいだろうな」とコメント。さらに「体育ではないところが面白い。要は、サッカー選手のアプローチの仕方は、自分たち次第でなんとでもなる。このドリルを通じてすごく思ったし、もっともっとJリーグを身近に感じてもらえるように努力していくひとつの手段だと思います」と、これからもピッチの上だけではなく、今日のような交流活動を大切にしていきたいと述べた。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA