2014.09.19

【J1第24節予想スタメン G大阪vsC大阪】両者ともに調子は上向き、今季2度目の“大阪ダービー”は激戦必至

前回の“大阪ダービー”は両者譲らず、2-2のドローに終わった [写真]=白井誠二

■ガンバ大阪 不安材料は守備陣、サブ組のパフォーマンスがカギ

 前節の広島戦は今季初となるトリプルボランチを採用し、広島に手堅く1-0で勝ちきった。エースの宇佐美貴史は公式戦3試合連続で得点中。大舞台に強い宇佐美は、自身にとって今季初となる“大阪ダービー”を前にモチベーションも高い。

 さらに7月の神戸戦で負傷し、リハビリ中だった大森晃太郎も実戦に復帰。C大阪戦での復帰は微妙だがハードワークが求められる2列目のオプションが増えることはチームにとって大きなプラスとなる。

 一方で守備陣には不安材料が付きまとう。守備の要である岩下敬輔が出場停止のため、今節は丹羽大輝と金正也というサブ2人がCBを構成することになる。リーグ戦では初先発となる金のパフォーマンスは今節のカギとなる。

 ただ、過密日程の中でチームはサブ組の底上げにも成功している。「天皇杯でもプレーしているので問題ない」と金が自信を見せるように、天皇杯の広島戦ではこの2人のコンビで勝ちきっているが、佐藤晃大らも調子を上げており、流れを変える切り札として期待できそうだ。

 天皇杯と広島戦では先発から外れたパトリックも、C大阪戦では先発に復帰する予定だが、足下のシュート精度は未だ課題として残ったまま。セットプレーでは自慢の強力ヘッドを活かせるはずだが、キッカーの遠藤保仁も広島戦で右足甲を痛めており、セットプレーの精度も気掛かりだ。(totoONE編集部)

■G大阪予想スタメン
4-4-2
GK
東口順昭
DF
米倉恒貴
金正也
丹羽大輝
藤春廣輝
MF
阿部浩之
今野泰幸
遠藤保仁
倉田秋
FW
パトリック
宇佐美貴史

■セレッソ大阪 調子は上向きも、負傷者多数により選手層に不安

 7日から13日にかけて3試合をこなすタイトな日程にもかかわらず、ナビスコ杯準々決勝第2戦、天皇杯4回戦、リーグ戦第23節と全て勝利。途中で2度目の監督交代という激震が走るなかでも、大熊裕司新監督の下で立て直し、リーグ戦では12試合ぶりとなる白星を挙げた。

 特に聖地・ヤンマースタジアム長居にて4年越しのゴールを決めた永井龍や、リーグ戦8試合ぶりに得点した杉本健勇、最近公式戦5試合で4得点の南野拓実といった育成生え抜きの若手が前線からチームに活力を与え、勢いに乗りつつある。雰囲気が良くなってきたところで臨む宿敵G大阪との“大阪ダービー”。この流れを加速させるべく、万博記念競技場の地で、2011年シーズンACLラウンド16を思い起こさせるような勝利をもぎ取りたいものだ。

 ただし、現状は依然として16位とJ2降格圏内に位置。そして、今節は中盤の舵取り役である扇原貴宏が累積警告により出場停止。藤本康太、安藤淳、吉野峻光も負傷で欠く上に、早期復帰を目指していた主将の山口蛍も今週の練習で再離脱。メンバーのやりくりは厳しい。

 それでも、長谷川アーリアジャスールやカカウといった主戦力がピッチに戻ってくるのは朗報。今季最初のダービーで2得点を挙げたディエゴ・フォルランも調子を上げてきた。それだけに、この苦況でも総力戦でG大阪に勝利し、ここから9月攻勢をかけていきたい。(totoONE編集部)

■C大阪予想スタメン
4-4-2
GK
キム・ジンヒョン
DF
酒本憲幸
染谷悠太
山下達也
丸橋祐介
MF
南野拓実
長谷川アーリアジャスール
秋山大地
楠神順平
FW
杉本健勇
永井龍

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る