2014.09.12

【J1第23節予想スタメン C大阪vs柏】新体制初陣を白星で飾ったC大阪、好調の柏撃破で降格圏脱出を狙う

公式戦2連勝を飾り、勢いを持続したいC大阪 [写真]=Getty Images

セレッソ大阪 新体制初陣を白星で飾り、公式戦2連勝を記録



 9月8日、「リーグ戦で残念ながら勝てないことと、チームが今、J2降格圏内にいて、どうしても変化が必要な状況」(宮本功取締役強化本部長)という理由から、マルコ・ペッツァイオリ監督との契約を解除。今季2度目の監督交代を行う非常事態となり、育成を管轄していた大熊裕司アカデミーダイレクター兼U-18監督が、トップチームを指揮することになった。リーグ戦11試合勝ちなしと苦境にあえぐなか、ここからはJ1残留という目標に向けて勝利を積み重ねていかなければならない。

 中2日、15日間で5試合目となる今節では、試合巧者のネルシーニョ監督率いる柏と対戦することもあって、厳しい戦いが予想される。しかも、山口蛍藤本康太安藤淳の負傷離脱組だけでなく、長谷川アーリアジャスールが虫垂炎のために欠場。また、キム・ソンジュンとカカウもけがで出場が微妙であり、今回も限られた戦力での戦いを余儀なくされる。

 それでも、新体制初戦となった10日の天皇杯4回戦では、南野拓実の公式戦4試合連続得点、永井龍の今季初ゴールにより、磐田に2-0と勝利。公式戦デビューの秋山大地ら育成出身者の活躍も目立ち、早速新監督の志向するサッカーを示すことができた。

 また、ナビスコ杯も合計スコアで敗れたとはいえ、第2戦では逆転勝利しただけに、公式戦2連勝の勢いをそのまま柏にぶつけたい。(totoONE編集部)

■C大阪予想スタメン
4-4-2
GK
キム・ジンヒョン
DF
酒本憲幸
染谷悠太
山下達也
丸橋祐介
MF
南野拓実
秋山大地
扇原貴宏
楠神順平
FW
杉本健勇
永井龍

柏レイソル 攻守ともに充実の柏、好調のアタッカー陣に期待が懸かる

 8月はリーグ戦無敗。その勢いが、9月に入ってさらに上がった感がある。ナビスコ杯準々決勝では第1戦、第2戦ともに横浜FMを下し、リーグ戦第22節の甲府戦を含めると公式戦では3連勝中だ。

 ただ、今節はアウェー戦。今季の柏はホームとアウェーの成績が両極端で、リーグ戦では第10節のG大阪戦を最後に、敵地では2カ月間白星がない。ナビスコ杯では久々にアウェー戦で勝利を収めたが、その流れをリーグ戦にもつなげたいところだ。また、今季は浦和、鹿島、川崎、神戸、G大阪など上位陣から勝ち点3を取れている一方で、中位から下位のチームには勝ちきれない傾向にある。優勝を目指すためにも、「相手が残留争いをしていても、常に上位チームと戦うつもりで気を引き締める」(栗澤僚一)と、今後の戦いに必勝を期す。

 一時は攻撃陣の迫力不足が懸念されていたものの、ここにきて連係が取れてきたのか、直近の公式戦3試合では、工藤壮人が3ゴール1アシスト、レアンドロが3ゴール、高山薫が1ゴール2アシストと結果を残している。さらに守備面でも安定感を増し、良い守備から良い攻撃へスムーズに運べるなど、今の柏は攻守がガッチリと噛み合っている。

 しかし、プレースキッカー不在のため、セットプレーからゴールを奪う可能性はそれほど高くない。したがって膠着状態に陥った場合は、セットプレーで状況を打破することは考えにくい。勝利のポイントは、好調の前線3枚が流れの中からゴールすることになるだろう。(鈴木潤)

■柏予想スタメン
3-4-2-1
GK
菅野孝憲
DF
鈴木大輔
近藤直也
エドゥアルド
MF
太田徹郎
茨田陽生
大谷秀和
橋本和
工藤壮人
高山薫
FW
レアンドロ

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
3pt
マンチェスター・U
3pt
リヴァプール
3pt
欧州順位をもっと見る
ヘルタ・ベルリン
1pt
バイエルン
1pt
ケルン
0pt
欧州順位をもっと見る
アスレティック・ビルバオ
3pt
アラベス
0pt
アトレティコ・マドリード
0pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
48pt
鹿島アントラーズ
44pt
川崎F
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
58pt
京都
51pt
大宮
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
37pt
群馬
35pt
熊本
35pt
Jリーグ順位をもっと見る